カテゴリー
コミック紹介

Only Sense Online ―オンリーセンス・オンライン―

VRゲームものですが、主人公は生産系職というのが特徴です。

異世界にとばされることもなく単にVRゲームで遊んでいるだけですが、VRの設定上異世界ものと描写がほぼ同じです。

一応ログインやログオンの話題もでますし現実世界の描写もありますが、ほぼゲーム内でストーリーが進行します。

VRで生産職でかつ初心者からというのが案外良く、神様から与えられたチート能力も以前のゲームデータを活かした無双もなく、やや単調ながら落ち着いて進んでいきます。

ゲーム内でそれなりのレベルの先輩プレーヤーがゴロゴロしており、非戦闘系の主人公は必然的に彼らとパーティーを組むことになるため、登場キャラクターにも変化が出しやすのではと思います。

また、主人公はゲーム内ではあまり人気のないスキルを取得して強化や研究をし続けるため、他のプレイヤーが知らない仕様やアイテムの製造が可能となっていき、そこがチートではない独自性を確立出来ています。

ゲームなのでスキルなど要素が揃えば誰でも入手可能ながら、不人気で誰も極めていないという理由は非常によいアイデアだと思います。

なお、一応主人公のリアルの性別が男性なのに何らかの手違いで女性型アバターになってという特徴もありますが、生産職や不遇スキル持ちなどの特徴に比べれば微々たる特徴付けに思えます。

PKの話題もありますが、全体的にまったりで緩めで、生産系の話が見たい方にはおすすめです。

絵柄

顔にやや丸みがあり全体的にもかわいらしい絵柄です。人物は一貫したデザインでおかしな部分はありません。

モンスターも可愛らしい方向で、リアルな獣感などは皆無です。

森や街中などの描写も適度にしっかりと描かれていて、薄っぺらい感じはしません。

アクションはあまり動きを感じる絵ではなく、絵柄と相まってスピード感や危機感の表現は薄いといえます。

とはいえこの作品に危機感など要らないとも思えるので、この点がマイナスになるとは思えませんが。

生産職の楽しみ

生産職といえばアイテム生産ですが、練金や調合などを簡易な自動作成ではなく手動で行って効果を挙げるなど、システム面をしっかりと調べている点がよいと思います。

結果として普通より品質がよいアイテムの製造が可能となり、その製法(レシピ)にも価値が出るというのは生産職系の楽しみではないでしょうか?

あれとこれを合わせば何なるのか?

敵を倒して無双する物語ではなく探究心を持って進む物語は面白いと思います。

モンスターのテイムあり

モンスターといえるか微妙ですが、話が進むと調教スキルを利用してペット的に幻獣を獲得して使役するようになります。

度々登場するのでそれなりに存在感もありますが、手なずけたモンスターとの交流メインではないためあくまで附属要素のひとつという感じです。

『Only Sense Online ―オンリーセンス・オンライン―』のKindle予約情報

8巻が2018/12/7に発売されました。

『Only Sense Online ―オンリーセンス・オンライン―』のKindle新刊既刊情報

最新巻8巻
発売日2018/12/8
次巻9巻
発売日情報なし
まとめ買いページ
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

ありふれた職業で世界最強

異世界ものですが、一言でいうと中2感満載の作品です。

元は違いますが、主人公は白髪隻眼となり、片腕は機械、武器は銃、コートっぽい服、パートナーは生活力に欠けるようなロリ美少女、というあたりでどういう感じかが分かるかと思います。

召喚の結果与えられた能力は錬金術ですが、これが「ありふれた職業」なのかは微妙な印象です。ネタ的にでてきた農業に関連するスキルの方が意外感があってよかったような…。

序盤は無能力近く、その分を知識でカバーしようという流れだったのでそういう方向かと思いきや、クラスメートの裏切り(もともと仲間感は薄いので裏切りという程のものではないとは思いますが)で窮地に立たされた結果、戦闘狂のような武闘派になってしまいます。

本人の心境などは武闘派ということではないのですが、「無能に近い主人公が知恵を絞って立ち向かう」というものではありませんでした。

なお、序盤の状況はなかなかにエグく絶望的な印象もあり、その点に魅力はあります。

世界の裏側にある約束事的な部分を早めに提示する流れも、今後どう展開するのか気になりますし。

ただいかんせん中2感が強いので、その方向がダメな方はやめておいた方が無難でしょう。

絵柄

序盤の状況が状況なので偏った印象なのですが、線の表現に勢いのある絵柄で、荒々しいといえるかもしれません。

人物を細い線で描くようなタイプではなく、かすれ気味の毛筆で描いているのようなイメージです。

デッサンが大きく狂う感じはないので、質は高いと思います。

モンスターがでてきますが造形があまりしっかりしておらず、勢いで書き切ったという感じでした。全体的に質感の表現が弱いのかもしれません。

『ありふれた職業で世界最強』のKindle予約情報

3巻が2018/4/25に発売されました。

『ありふれた職業で世界最強』のKindle新刊既刊情報

最新巻3巻
発売日2018/4/25
次巻4巻
発売日情報なし
まとめ買いページ
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

ザ・ニュー・ゲート

ゲームに取り込まれるという異世界ものですが、そのゲームからの開放が物語の始まりになるという少し変わった展開をみせる作品です。

主人公のシンは物語がはじまる前、つまりゲームからの脱出前に鍛えているという設定があるため、ゲーム世界の住人とのレベル差の説明は一応ついていて筋は通っています。

努力の結果手に入れた(ような描写が少ないので単なるチートに見えやすいですが)点は、主人公のテンプレ感を軽減していて読みやすいと感じました。

ゲームクリアから500年が経過した世界を歩くという感じですが、その状況を活かしているのがかつての仲間との再開です。

500年をただの数字ではなく積み上げた年月として想像できれば、再開のシーンには胸に迫るものがあるはずです。

絵柄

モンスターやおじさんを見ると絵柄が少し古めの感じはしますが、女性などはしっかりと「美人」に見えます。

今時とか今時でないとかではなく、見て「美人だ」とすんなり感じられる絵です。

ギャグパートのデフォルメもあるため緩急も付いていますし、飽きのこない構成だと感じました。

漫画担当の三輪ヨシユキ さんは「終極エンゲージ」の作者さんでもあります。

主人公は本来は生産職で店をやっていて、その店がホームとして描かれています。

ただ単に冒険して回るということではない要素であり、「家の中の団らん」的な柔らかいエピソードも出てくるので、その点でもう起伏のある展開が楽しめます。

店で剣を作るシーンもあるなど生産職っぽい描写もありますが、前提としてスキルの使用があるため過程があやふやや簡略化して描かれているため、あまり生産職の作業という印象は持てませんでした。

「自分で伝説級の武器を作れる」というのは明らかにチートですが、これに関しては一応ゲーム時代のシステム範囲内のことなので筋は通っているかと思います。

『ザ・ニュー・ゲート』のKindle予約情報

なし。最新5巻は2018年3月16日に出版されました。

『ザ・ニュー・ゲート』のKindle新刊既刊情報

最新巻5巻
発売日2018/3/16
次巻6巻
発売日情報なし
まとめ買いページ
巻別ページ