カテゴリー
コミック紹介

黒の召喚士

異世界のチートものですが、画力と話の構成が上手く、軽目で楽しめる作品です。

自分にマイナスの設定を課すことで過剰なチートを得るというタイプですが、そのマイナスに「記憶」を選んだため、転移ものであるにかかわらず転移前の状態がないも同然になっている点が特徴です。
見方をかえれば、異世界転移ではなく単に異様に強い現地人の物語ともとれてしまいます。

チート能力の他に転移を行った女神を仲間にしているなどお約束的な部分が目に付くこともありますが、初期においては適度な突っ込み役と程度の存在なのでまだ良いように思います。

タイトルにある通り「召喚士」なのでモンスターを手駒に加えていき、そこがやはり面白さの1つだと思います。主人公以外が活躍する場面が見られますので。

ただし召喚というより従属という感じで、某ボールを投げて対象を捕まえるゲームのような仕組みに思え、「別の世界から何かを呼び出して用いる」というのを想像すると違和感があるかもしれません。

基本的に戦闘メインらしく、そのあたりの割り切りが読みやすさに繋がっていると思います。
話が進むに連れて妙に戦闘狂(バトルジャンキー)と強調する場面が多く、キャラクターの特徴付けのためとはいえ何度も繰り返されると辟易する部分もあります。

具体的な描写はほぼないものの2巻にてセックスシーンがでてきます。
鈍感主人公ではないので流れ的に違和感もすくなく嫌な感じは受けませんが、そこまでの必要性も感じませんでした。

「黒の」と付くあたりに中2感が強いですが、その点はあまり気にせず気楽に読めて楽しめる作品だと思います。

『黒の召喚士』の特徴

  • 転移物なのに転移前の記憶がない主人公
  • モンスターを引き連れての活躍
  • 勢いのある戦闘シーン
  • 敵対者は必要に応じて命を奪い、後悔などはなし
  • 転移を行う女神も共に行動

『黒の召喚士』の絵柄

絵柄に特徴もありつつデッサンに狂いもなく、アングルの変化にもきっちり対応していて上手い絵です。

簡略化が強いですが手抜きにはみえませんし、むしろ背景やアクションシーンの効果描写を加味すると丁度良い人物表現に思えます。
頑張りすぎてごちゃごちゃしてしまい見づらくなった作品はわりと多くありますので。

対して質感の描写は少し微妙です。
医師や布や金属等の表現が弱くみえ、それらの存在感が薄く感じます。

とはいえ問題に思える程ではなく、充分に商業レベルだと思いますので安心して購入できます。

『黒の召喚士』の見所

「モンスター」が見所です。

せっかくの召喚ものなので、やはりモンスターの成長や関係性の変化などが見所でしょう。

戦闘メインなだけあって強者対主人公というだけではなくなるため場面に起伏も生じますし、この起伏が作品を飽きさせない要素になりえます。

残念なのは無数のモンスターを引き連れるようなものではなく、強い固体の少数精鋭になりそうな点でしょうか。

いろいろなモンスターが見られるという楽しみはあまり期待できないかもしれません。

『黒の召喚士』のKindle予約情報

2巻が2018/11/25に発売されました。

『黒の召喚士』のKindle新刊既刊情報

最新巻2巻
発売日2018/11/25
次巻3巻
発売日情報なし
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌

異世界転移ものですが、アラクネやハーピーなどの空想の生物に対して科学的な考証をしている点が他とは違う作品です。魔法はないようです。

クリエイターの中にはモンスターやアニメのキャラクターの骨格を作る人もいますが、この作品では骨格ではなく生物学的な面で習性なども含めた検討が行われています(筆者は生物学にくわしくないので内容の正確性はわかりかねますが)。

ただもう1つ大きな特徴がありまして、主人公が「クリーチャー娘のハーレムを作る!」と公言しており、実際に毎回セックスシーンが描かれる点です。

相手は空想上の女性というか雌というかそういうものなので、容姿や年齢などに制限がないも同然で結構危ないラインのキャラクターのシーンもあります。

一応行為の度にそれっぽい考察は入りますが、ストレート過ぎるぐらいにストレートで、この部分が好きか嫌いかが全てでしょう。

なお、現代の技術を伝えるという側面もありますがファンタジー世界の技術自体も踏まえられているため、知識や技術があれば何でもできるという展開ではありません。

そういった点では異世界という世界そのものをテーマにしたスケールが大きめの話ではあります。

『科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌』の特徴

  • モンスターとのセックス
  • 空想上の生物の生物学や民族額的な考察
  • 現代の技術を異世界で適用
  • ハーレム

『科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌』の絵柄

既にいくつかシリーズを刊行している方なので全体的に安定しています。

背景が重いというか硬質で、植物や地面等の自然な柔らかさは苦手なのかもしれません。

キャラクターは独特で、絵柄的にはロリ系ですが目が小さめなのが特徴です。

この作品のテーマ的に動物や昆虫など人間外の部位が多く出て来ますが、そちらの描写は一貫性が強くブレがなく知識による裏付けを感じます。

昆虫やは虫類などが苦手な方にはあまりお勧めできません。結構生々しいので。

『科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌』の見所

「クリーチャー娘」が見所です。

娘といっても種族全体ということではありますが。

良くも悪くもクリーチャー娘を描くことに注力していて、そこが気に入るかどうかは大きな分かれ目です。

『科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌』のKindle予約情報

3巻が2018/11/20に発売されました。

『科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌』のKindle新刊既刊情報

最新巻3巻
発売日2018/11/20
次巻4巻
発売日
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

あせびと空世界の冒険者

SF要素を持った中世風の世界での過去の文明の遺産や移籍を巡る冒険物語ですが、舞台は地上ではなく空に浮かぶ大陸や島と空そのものです。

主人公は鍛錬によって身体能力や技術を磨いていた男の子ですが、青年に近い印象です。
ヒロインは外見こそ人間ですすが中身は機械(人型モジュール)の少女で、こちらも女性といってよいかもしれません。

アクションありで、空を飛ぶ船での冒険とボーイミーツがールものが好きならお勧めできます。

『あせびと空世界の冒険者』の特徴

  • 外見も心もほぼ人間の機械の少女と人間との恋
  • 空飛ぶ船での冒険
  • 過去文明の首都を目指す旅
  • 現代から見れば過去の文明はオーバーテクノロジー
  • 空を回遊する巨大な怪物「竜魚」
  • 過去文明の生き残り
  • 対竜魚の武器は長大な銃

『あせびと空世界の冒険者』の絵柄

輪郭に特徴があり、やや楕円気味です。

表情はあっさりめの描き方ですが、感情表現はしっかりしています。

ギャグパートや話の終わりの空きスペースに描かれた頭身低めのキャラクターが可愛らしく、魅力的です。

『あせびと空世界の冒険者』の見所

機械と人の恋というのはありふれたテーマかもしれませんが、ヒロインが魅力的なので充分に読み応えがあります。

そのため、やはり「機械と人の恋」が見所でしょう。

『あせびと空世界の冒険者』のKindle予約情報

なし。9巻が2018/9/13に発売されました。

『あせびと空世界の冒険者』のKindle新刊既刊情報

最新巻9巻
発売日2018/9/13
次巻10巻
発売日情報なし
まとめ買いページ
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

野生のラスボスが現れた!-黒翼の覇王-

異世界もので、ゲームの世界が舞台で時間経過がありの設定です。

基本的にはよくあるパターンですが、一点違うのは主人公の性別が変わる点。

ゲームのアバターは女性で、プレイヤーは男性という状況での転移のためです。年齢や種族が変わる作品は多いですが、性別が変わるタイプはあまりないように思います(物などの無機物に転生するのはありますが)。

筆者はこの点が合いませんでした…。

話の内容としては、あるゲーム内で有名なキャラクタクーを操るプレイヤーが転移という感じで特に目新しいものは感じません。

転移後は元のキャラクター自体が成長しきっていたので、強いといってもチートとはすこし違うかもしれません。

異世界ものでTSものという珍しいジャンともいえるので、そういった方向に興味がある方にお勧めできます。

なお、設定以外も異世界ものの中では充分なレベルではあるので、TSの好みは無視して読むこともおすすめです。

絵柄

少し古い感じはしますが、レベルは高いと思います。

特に女性キャラクターはポーズなどを含めて可愛らしさや美しさなどを表現しようとしているように見えます。

アクションはやや動いてみる感じですが、止め絵としては迫力があってよいと思います。

少し気になるのはモブを含めた男性の顔で、バランスが悪いというかちょっと違和感が付き纏います。

全体的には良い絵だと思います。

性転換もの(TS)

性転換(TS=transsexual)というジャンルの基礎は、マイナーながらも古くからあります。

「男女の心が入れ替わる」と書くと思い当たる作品は多いのではないでしょうか?

TSは「心はそのままで体が男女入れ替わる」形なので実際には少し違うのですが、筆者はどちらもあまり好きではないのでダメでした。

PBM

この作品の冒頭、実はPBM(Pal By Mail)という形式のゲームと同様のシステムの紹介があります。

PBMは郵便を使って行うTRPGで、マスターに参加者が行動指針を送り、マスターが様々な判定やシナリオとの絡みを考えていくつかの短編小説に仕げて返送するというものです。

一時期PBEM(Play By E-MAIL)というEMailを使った形式に移行しましたが、すぐに廃れてしまいました。

PBMを知っている方は、一巻冒頭で懐かしい気持ちになると思います。

『野生のラスボスが現れた!-黒翼の覇王- 』のKindle予約情報

3巻が2018/9/12に発売されました。

『野生のラスボスが現れた!-黒翼の覇王- 』のKindle新刊既刊情報

最新巻3巻
発売日2018/9/12
次巻4巻
発売日情報なし
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

Only Sense Online ―オンリーセンス・オンライン―

VRゲームものですが、主人公は生産系職というのが特徴です。

異世界にとばされることもなく単にVRゲームで遊んでいるだけですが、VRの設定上異世界ものと描写がほぼ同じです。

一応ログインやログオンの話題もでますし現実世界の描写もありますが、ほぼゲーム内でストーリーが進行します。

VRで生産職でかつ初心者からというのが案外良く、神様から与えられたチート能力も以前のゲームデータを活かした無双もなく、やや単調ながら落ち着いて進んでいきます。

ゲーム内でそれなりのレベルの先輩プレーヤーがゴロゴロしており、非戦闘系の主人公は必然的に彼らとパーティーを組むことになるため、登場キャラクターにも変化が出しやすのではと思います。

また、主人公はゲーム内ではあまり人気のないスキルを取得して強化や研究をし続けるため、他のプレイヤーが知らない仕様やアイテムの製造が可能となっていき、そこがチートではない独自性を確立出来ています。

ゲームなのでスキルなど要素が揃えば誰でも入手可能ながら、不人気で誰も極めていないという理由は非常によいアイデアだと思います。

なお、一応主人公のリアルの性別が男性なのに何らかの手違いで女性型アバターになってという特徴もありますが、生産職や不遇スキル持ちなどの特徴に比べれば微々たる特徴付けに思えます。

PKの話題もありますが、全体的にまったりで緩めで、生産系の話が見たい方にはおすすめです。

絵柄

顔にやや丸みがあり全体的にもかわいらしい絵柄です。人物は一貫したデザインでおかしな部分はありません。

モンスターも可愛らしい方向で、リアルな獣感などは皆無です。

森や街中などの描写も適度にしっかりと描かれていて、薄っぺらい感じはしません。

アクションはあまり動きを感じる絵ではなく、絵柄と相まってスピード感や危機感の表現は薄いといえます。

とはいえこの作品に危機感など要らないとも思えるので、この点がマイナスになるとは思えませんが。

生産職の楽しみ

生産職といえばアイテム生産ですが、練金や調合などを簡易な自動作成ではなく手動で行って効果を挙げるなど、システム面をしっかりと調べている点がよいと思います。

結果として普通より品質がよいアイテムの製造が可能となり、その製法(レシピ)にも価値が出るというのは生産職系の楽しみではないでしょうか?

あれとこれを合わせば何なるのか?

敵を倒して無双する物語ではなく探究心を持って進む物語は面白いと思います。

モンスターのテイムあり

モンスターといえるか微妙ですが、話が進むと調教スキルを利用してペット的に幻獣を獲得して使役するようになります。

度々登場するのでそれなりに存在感もありますが、手なずけたモンスターとの交流メインではないためあくまで附属要素のひとつという感じです。

『Only Sense Online ―オンリーセンス・オンライン―』のKindle予約情報

8巻が2018/12/7に発売されました。

『Only Sense Online ―オンリーセンス・オンライン―』のKindle新刊既刊情報

最新巻8巻
発売日2018/12/8
次巻9巻
発売日情報なし
まとめ買いページ
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

とんでもスキルで異世界放浪メシ

異世界ものながら世界を救わない系(?)で、主役が転移した男の主人公と雄の狼という組み合わせもめずらしく特徴的です(※今後世界を救うのかもしれませんがコミック1巻ではそういう感じはありません)。

例のごとくチートスキルですが、他の作品に比べて方向性が全く違い、なんとAmazonや楽天のようなネットショップの画面が表示され、そこから商品を購入できるという能力です。

基本的にはこの能力で調味料や食材を手に入れて、それを狼に食べさせながら旅をするという流れですが、このスキルで得たものにはある効果があり、それがいろいろと巻き込まれる原因になりそうではあります。

基本的にエロ系がないのでそこも好感が持てます。

召喚されてチート能力で的をなぎ倒しという物語ではないので、少し違った異世界ものを読みたい方にはおすすめです。

旅をしている感も結構あるので、そこも良い感じです。

絵柄

「異世界放メシ」のタイトルは伊達ではなく、食材や調理、できあがった料理の描写は秀逸で、質感の表現も素晴らしいと思います。

キャラクターの描写も適度にデフォルメが効いてますが、リアル系の良さもあります。

アクション主体の作品ではありませんが、アクションシーンの人物描写もよく、デッサンが狂っていたりもしないので、安心して高品質な絵を楽しめます。

一言でいえば「うまい」です。

適度な違和感

食材が現地調達だったりするのが異世界のグルメ漫画の特徴ではありますが、その雰囲気をぶちこわすかのように「焼き肉のタレ」などがぽんぽんと出て来ます。

調味料の存在は非常に大きいのに(中世ものでは塩の価値が高いですが、現代の調味料はその塩の比ではない莫大な価値をもっているわけですし)、あまりにも気軽かつ当然の用に使っているので、この点は違和感を感じます。

が、この気軽さが物語に軽快さを与えているようにも見えますので、良いスパイスなのではと思います。

食事の効果に加えてこういう点も今後の問題になりえるのかもしれませんが。

『とんでもスキルで異世界放浪メシ』のKindle予約情報

なし。2巻が2018/4/25に発売予されました。

『とんでもスキルで異世界放浪メシ』のKindle新刊既刊情報

最新巻2巻
発売日2018/4/25
次巻3巻
発売日情報なし
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

異世界のんびり農家

農業といいますか集落作成と運営をテーマにしている印象です。

主人公が世界を救わないタイプで、あまり我欲もなくわりとフラットな印象なのですが、後で加わるエルフやバンパイアの女性と日替わりでSEXするという意外性のあるキャラクターです。

リザードマンの村への加入時には「これで男が増えるから抱く人数が減って助かる」という感じの思考をするなど、貞操の観念は欠落している模様です。

描写として行為のシーン自体はないのですが、キャラクターの1人が懐妊して他のキャラクターも子供が欲しいという出来事もあり、珍しいぐらいストレートなハーレムを形成しています。

しかしながら最初に仲間になるのは狼型のモンスターで、他には蜘蛛も仲間になり、多少の多様性はあります。

狼と蜘蛛は子孫をガンガン増やしていくようで、子供が巣立つシーンも一応あります。

タイトルには農家とありますが、農業は添え物程度の印象なのが残念です。これなら「田舎暮らし」などの方がまだあっていたでしょう。

戦闘はほぼありませんが主人公が「キレたら怖い」系らしく、戦闘系のチート能力者物語的なものも微妙に見え隠れしています。

原作があるので無理な話ではありますが、せっかく「異世界のんびり農家」と入っているのですからもっとスローライフな方向にいってくれればと願うばかりです。

絵柄

絵自体は悪くはないのですが、動きが堅いといいますか、キャラクターが止っているように見えることが多いです。

アングルにあまり変化がないのも原因かもしれません。定点カメラで見ているような印象です。

動きのない絵で作られたコミックは静止画の連続と同じなので、場面がぶつ切りであまり没入感は得られないでしょう。

絵本的な印象です。

『異世界のんびり農家』のKindle予約情報

2巻が2018/7/5に発売されました。

『異世界のんびり農家』のKindle新刊既刊情報

最新巻2巻
発売日2018/7/5
次巻3巻
発売日情報なし
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

モンスターのご主人様

異世界ものですが、冒頭に特徴のある物語です。

物語がはじまる時点で、集団で異世界に転移してから既にいくらかの時が流れており、独自に集落てきなものを作成しています。こういうのはあまり見ない展開ではないでしょうか。

この集落はすぐに消えますが、集落の生き残りが関わってくるようで、異世界ものでありながらデスゲーム的な雰囲気もあります。

タイトルにある通り主人公がチート能力でモンスターを「眷属」にして勢力を拡大する流れですが、能力に気付けた理由や使い方の描写が薄く、能力でというかモンスターが仲間になる状況に出くわしただけのような印象です。

都合良く女性(性別がという意味です)ばかりが眷属になるのと、設定上仕方がないのですが主人公への忠誠心や好意がMAXになりやすいようで、ちょっとやり過ぎ感がもあります。

死んだ女生徒に姿を模したスライムとおそらくやってしまっている部分もあり、葛藤があったとはいえこれもやり過ぎかなと。

このまま女性モンスターばかりになりそうな雰囲気なので、一応ハーレムものかもしれません。

絵柄

あまりよくはないですが、見れない程悪くはありません。

眷属になるモンスター

猫耳が映えた女の子が出てくる訳ではなく、まんまスライムやパペットなどが仲間になる点は良い点だと感じました。

モンスターといえば獣人や獣や竜などを出したいところでしょうが、人型以外を出して来た点に差別化を感じます。

スライムは姿を変えてしまうのでありきたりな感じになってしまいますが。

『モンスターのご主人様』のKindle予約情報

3巻が2019/01/28に発売されます。

『モンスターのご主人様』のKindle新刊既刊情報

最新巻2巻
発売日2018/7/30
次巻3巻
発売日2019/01/28
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

月が導く異世界道中

異世界ものですが、召喚されてからほぼすぐに召喚に関わった神から酷い目に合わされてはじまります。

人間の他にも亜人が暮らしている世界で、人間優遇の神様から「人間と話す事は許さない」と定番の言語能力を与えられず、しかしながら人間以外なら良いと亜人と話す言語能力を与えられることになります。

最初にヒロインぽく登場するのがハイランドオーク(いわゆる豚に似た顔を持つオーク)で、よくある「成長したら人間のすがたに」ということもなく(3巻時点ではですが)、オークの少女として登場し続けというのも変わっていると思います。

他のヒロインぽいキャラクターも龍やら蜘蛛やらが本来の姿ですが、一応こちらは設定上の理由から人型になっています。

しかしながら、主人公は人型前の状態を見ているわけで、元蜘蛛という点を理由に明確に拒否という場面は何度も見かけます。この辺りのやりと取りも新鮮な展開なのでおもしろく読めます。

なお、チート能力はかなりのチートですが、授かった経緯が経緯のためチートで何が悪いという感じで読めてしまいます。

開拓もの

物語が進行すると亜空間に出入りすることになります。

その亜空間に亜人としてオークやドワーフ、アルケー(半分人型半分蜘蛛のような姿でちょっと気持ち悪い)などを住わせて街を作るという展開が平行して描かれます。

この亜空間はどこにでも出れる訳ではなく、イメージ的には入り口と出口はほぼ同じ場所のため、亜空間を内を移動して遠くに転移的なものはできない模様です。

この点も珍しい設定かもしれません。

それほどのんびりではない

「異世界道中」という単語や表紙の飲み食いする雰囲気から「のんびりとした放浪の旅物語」を想像していたのですが、そういう要素はあれど少なく、割とエグい展開があります。

例えば、借金をした代償に薬を打たれて買春させれる女冒険者なども出来てきます。

ほかの作品では軽く匂わせるか事前に救出しそうなものですが、この作品では精神的にやられた状態での救出(治癒されて元気になりますがそれはそれでエグいといいますか)される、といった具合です。

絵柄

原作からの制限もあると思いますが、絵柄は正直微妙です。

下手と感じるレベルではないのですが、軽いというか、薄いというか、強い魅力は感じませんでした。

Kindle予約情報

5巻が2018/10/25出版されました。

『月が導く異世界道中』のKindle新刊既刊情報

最新巻5巻
発売日2018/10/25
次巻6巻
発売日情報なし
巻別ページ