カテゴリー
コミック紹介

シロクマ転生 森の守護神になったぞ伝説

異世界転生ものもいろいろ出ていますが、この作品はシロクマに転生です。

シロクマといえば寒冷地なのですが、単に「白い毛皮のクマ」という感じで舞台は温暖な森の中の模様です。

人語を話す2m以上のクマが主役(享年28才)のため、チート的な能力はありそうですがなによりもまず体格と筋力的に人間以上であり、物理的に敵なしという感じです。

獣人(ウェアウルフ)の姉妹を助けたことで共に暮らすようになるため、獣人の女の子を愛でる物語でもあります。

お決まりの獣人差別や奴隷的なものあるので、そういった基本は抑えつつ主役が少し変わったものをという方向けの作品です。

『シロクマ転生 森の守護神になったぞ伝説』の特徴

  • 動物に転生
  • 獣人の少女
  • 虐げられた獣人
  • 森での生活

『シロクマ転生 森の守護神になったぞ伝説』の絵柄

シンプルな線で分かりやすい絵といえます。

主役が人間ではなくクマなので骨格などが気になる部分はありますが、デッサン崩れと呼ぶ程のおかしさはありません。

動物自体の描写は上手く、しっかりとした技術を感じます。

同様に森ということで背景には気やら草やらが多く出て来ますが、疎密をうまくつかっている印象で問題は感じませんでした。

獣人の少女など女性は可愛らしく描けていますが、モブの男性(ヤラレ役のひげ面中年男性等)の描写が案外良く、キャラクターは全体的に良い感じに見えます。

特筆すべき絵柄ではありませんが、安心して見られる絵だと思います。

『シロクマ転生 森の守護神になったぞ伝説』の見所

「主役がシロクマ」が見所です。

他の転生ものの差別化としてストレートに「主役を人でもモンスターでもなくクマにする(ただのクマということではありませんが)」という方法で解決を図っており、逆に言えばそこが全てです。

人間でない故のメリットデメリットを活かすか殺すかで評価は変わるでしょう。

『シロクマ転生 森の守護神になったぞ伝説』のKindle予約情報

2巻が2018/7/23に発売されました。

『シロクマ転生 森の守護神になったぞ伝説』のKindle新刊既刊情報

最新巻2巻
発売日2018/7/23
次巻3巻
発売日情報なし
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

Only Sense Online ―オンリーセンス・オンライン―

VRゲームものですが、主人公は生産系職というのが特徴です。

異世界にとばされることもなく単にVRゲームで遊んでいるだけですが、VRの設定上異世界ものと描写がほぼ同じです。

一応ログインやログオンの話題もでますし現実世界の描写もありますが、ほぼゲーム内でストーリーが進行します。

VRで生産職でかつ初心者からというのが案外良く、神様から与えられたチート能力も以前のゲームデータを活かした無双もなく、やや単調ながら落ち着いて進んでいきます。

ゲーム内でそれなりのレベルの先輩プレーヤーがゴロゴロしており、非戦闘系の主人公は必然的に彼らとパーティーを組むことになるため、登場キャラクターにも変化が出しやすのではと思います。

また、主人公はゲーム内ではあまり人気のないスキルを取得して強化や研究をし続けるため、他のプレイヤーが知らない仕様やアイテムの製造が可能となっていき、そこがチートではない独自性を確立出来ています。

ゲームなのでスキルなど要素が揃えば誰でも入手可能ながら、不人気で誰も極めていないという理由は非常によいアイデアだと思います。

なお、一応主人公のリアルの性別が男性なのに何らかの手違いで女性型アバターになってという特徴もありますが、生産職や不遇スキル持ちなどの特徴に比べれば微々たる特徴付けに思えます。

PKの話題もありますが、全体的にまったりで緩めで、生産系の話が見たい方にはおすすめです。

絵柄

顔にやや丸みがあり全体的にもかわいらしい絵柄です。人物は一貫したデザインでおかしな部分はありません。

モンスターも可愛らしい方向で、リアルな獣感などは皆無です。

森や街中などの描写も適度にしっかりと描かれていて、薄っぺらい感じはしません。

アクションはあまり動きを感じる絵ではなく、絵柄と相まってスピード感や危機感の表現は薄いといえます。

とはいえこの作品に危機感など要らないとも思えるので、この点がマイナスになるとは思えませんが。

生産職の楽しみ

生産職といえばアイテム生産ですが、練金や調合などを簡易な自動作成ではなく手動で行って効果を挙げるなど、システム面をしっかりと調べている点がよいと思います。

結果として普通より品質がよいアイテムの製造が可能となり、その製法(レシピ)にも価値が出るというのは生産職系の楽しみではないでしょうか?

あれとこれを合わせば何なるのか?

敵を倒して無双する物語ではなく探究心を持って進む物語は面白いと思います。

モンスターのテイムあり

モンスターといえるか微妙ですが、話が進むと調教スキルを利用してペット的に幻獣を獲得して使役するようになります。

度々登場するのでそれなりに存在感もありますが、手なずけたモンスターとの交流メインではないためあくまで附属要素のひとつという感じです。

『Only Sense Online ―オンリーセンス・オンライン―』のKindle予約情報

8巻が2018/12/7に発売されました。

『Only Sense Online ―オンリーセンス・オンライン―』のKindle新刊既刊情報

最新巻8巻
発売日2018/12/8
次巻9巻
発売日情報なし
まとめ買いページ
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

とつくにの少女

童話の世界観と絵が特徴の作品です。

個人的に非常に好きな作品で、一言でいえば「絵本のようなコミック」。

通常のコミックと大きな違いは質感の表現で、この作品では現実の質感ではなく作品内の質感が独特のタッチで表現されています。

特に主役の「せんせい」の体には基本的に輪郭線が存在せず、筆のタッチをもった塗りで表現されていて、非常に絵本的な雰囲気の強い存在です。

もう1人の主役「シーヴァ」は幼く無垢で優しい少女のため、この作品は「人外と少女」という括りで語られることもあり、この無垢さがより童話感を強くしています。

物語は世界設定から謎に満ちていますが、物語が進むにつれ徐々に背景が明かされていきます。

反対に、最初から登場している「せんせい」や「シーヴァ」に関する謎は増えつづけ、物語は晴れない霧の中を彷徨うように進みます。

人物の心境も語られますがそれ以上にその行動と背景描写が心情をより強く表現していて、一コマの絵自体が非常に魅力的です。

「暗く謎や苦痛が見え隠れする世界を巡る童話の物語」という言葉に興味を惹かれた方には強くおすすめできます。

絵柄

非常に素晴らしい絵です。

作品のテーマに合わせた童話的表現に満ちており、子供の頃に感じた夜の怖さや日差しの暖かさなどを思い出すような情感ある絵は必見です。

人物の描写は作品の合わせて独特のため、アニメ的な人物表現が好みの方には合わないかもしれません。

「動きを感じる絵」ではなく、「動いている場面を静止させた絵」です。

ただ、ざわめきのような小さな動きをそこかしこに感じる絵でもあり、人物の動きというよりも世界自体が動いているという希有な絵といえます。

こう書くと語弊があるのですが、酒井駒子さんの絵が好き方であれば一目で気にいるはずです。

静かな作品

この作品は、非常に静かな作品です。

止っているのではなく繊細なざわめきや密めきに溢れていて、耳を澄ますように読まないと見逃してしまう儚さがあります。

そのため、分かりやすい表現だけを見たい方には内容が薄く感じて満足を得られないかもしれません。

そんな時は、落ち着いて読み返してみてください。

「最後まで読んだから気付く」ということではなくて、そっと読み進めれば先ほどは感じなかった何かが感じられるかもしれません。

感じられたのなら、作品の評価は大きく変わるはずです。

『とつくにの少女』のKindle予約情報

6巻が2018/10/10に発売されました。

『とつくにの少女』のKindle新刊既刊情報

最新巻6巻
発売日2018/10/10
次巻7巻
発売日情報なし
まとめ買いページ
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

異世界のんびり農家

農業といいますか集落作成と運営をテーマにしている印象です。

主人公が世界を救わないタイプで、あまり我欲もなくわりとフラットな印象なのですが、後で加わるエルフやバンパイアの女性と日替わりでSEXするという意外性のあるキャラクターです。

リザードマンの村への加入時には「これで男が増えるから抱く人数が減って助かる」という感じの思考をするなど、貞操の観念は欠落している模様です。

描写として行為のシーン自体はないのですが、キャラクターの1人が懐妊して他のキャラクターも子供が欲しいという出来事もあり、珍しいぐらいストレートなハーレムを形成しています。

しかしながら最初に仲間になるのは狼型のモンスターで、他には蜘蛛も仲間になり、多少の多様性はあります。

狼と蜘蛛は子孫をガンガン増やしていくようで、子供が巣立つシーンも一応あります。

タイトルには農家とありますが、農業は添え物程度の印象なのが残念です。これなら「田舎暮らし」などの方がまだあっていたでしょう。

戦闘はほぼありませんが主人公が「キレたら怖い」系らしく、戦闘系のチート能力者物語的なものも微妙に見え隠れしています。

原作があるので無理な話ではありますが、せっかく「異世界のんびり農家」と入っているのですからもっとスローライフな方向にいってくれればと願うばかりです。

絵柄

絵自体は悪くはないのですが、動きが堅いといいますか、キャラクターが止っているように見えることが多いです。

アングルにあまり変化がないのも原因かもしれません。定点カメラで見ているような印象です。

動きのない絵で作られたコミックは静止画の連続と同じなので、場面がぶつ切りであまり没入感は得られないでしょう。

絵本的な印象です。

『異世界のんびり農家』のKindle予約情報

2巻が2018/7/5に発売されました。

『異世界のんびり農家』のKindle新刊既刊情報

最新巻2巻
発売日2018/7/5
次巻3巻
発売日情報なし
巻別ページ