カテゴリー
コミック紹介

黒の召喚士

異世界のチートものですが、画力と話の構成が上手く、軽目で楽しめる作品です。

自分にマイナスの設定を課すことで過剰なチートを得るというタイプですが、そのマイナスに「記憶」を選んだため、転移ものであるにかかわらず転移前の状態がないも同然になっている点が特徴です。
見方をかえれば、異世界転移ではなく単に異様に強い現地人の物語ともとれてしまいます。

チート能力の他に転移を行った女神を仲間にしているなどお約束的な部分が目に付くこともありますが、初期においては適度な突っ込み役と程度の存在なのでまだ良いように思います。

タイトルにある通り「召喚士」なのでモンスターを手駒に加えていき、そこがやはり面白さの1つだと思います。主人公以外が活躍する場面が見られますので。

ただし召喚というより従属という感じで、某ボールを投げて対象を捕まえるゲームのような仕組みに思え、「別の世界から何かを呼び出して用いる」というのを想像すると違和感があるかもしれません。

基本的に戦闘メインらしく、そのあたりの割り切りが読みやすさに繋がっていると思います。
話が進むに連れて妙に戦闘狂(バトルジャンキー)と強調する場面が多く、キャラクターの特徴付けのためとはいえ何度も繰り返されると辟易する部分もあります。

具体的な描写はほぼないものの2巻にてセックスシーンがでてきます。
鈍感主人公ではないので流れ的に違和感もすくなく嫌な感じは受けませんが、そこまでの必要性も感じませんでした。

「黒の」と付くあたりに中2感が強いですが、その点はあまり気にせず気楽に読めて楽しめる作品だと思います。

『黒の召喚士』の特徴

  • 転移物なのに転移前の記憶がない主人公
  • モンスターを引き連れての活躍
  • 勢いのある戦闘シーン
  • 敵対者は必要に応じて命を奪い、後悔などはなし
  • 転移を行う女神も共に行動

『黒の召喚士』の絵柄

絵柄に特徴もありつつデッサンに狂いもなく、アングルの変化にもきっちり対応していて上手い絵です。

簡略化が強いですが手抜きにはみえませんし、むしろ背景やアクションシーンの効果描写を加味すると丁度良い人物表現に思えます。
頑張りすぎてごちゃごちゃしてしまい見づらくなった作品はわりと多くありますので。

対して質感の描写は少し微妙です。
医師や布や金属等の表現が弱くみえ、それらの存在感が薄く感じます。

とはいえ問題に思える程ではなく、充分に商業レベルだと思いますので安心して購入できます。

『黒の召喚士』の見所

「モンスター」が見所です。

せっかくの召喚ものなので、やはりモンスターの成長や関係性の変化などが見所でしょう。

戦闘メインなだけあって強者対主人公というだけではなくなるため場面に起伏も生じますし、この起伏が作品を飽きさせない要素になりえます。

残念なのは無数のモンスターを引き連れるようなものではなく、強い固体の少数精鋭になりそうな点でしょうか。

いろいろなモンスターが見られるという楽しみはあまり期待できないかもしれません。

『黒の召喚士』のKindle予約情報

2巻が2018/11/25に発売されました。

『黒の召喚士』のKindle新刊既刊情報

最新巻2巻
発売日2018/11/25
次巻3巻
発売日情報なし
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

29歳独身中堅冒険者の日常

「村付き冒険者」という設定で冒険者の日常をテーマにした作品です。

日常といっても「シュールな異常さが日常というほのぼのもの」みたいなものではなく、冒険者としての日常的な仕事をこなして過ごすという本当の意味での日常です。

村付きということで「村の便利屋」的な位置づけですが、そこはファンタジーなのでモンスター絡みの依頼も多く出ます。

この村付きという設定を大いに活かしていて、セリフやキャラクタの行動の端々で「冒険者の日常」が表されています。

主役は中堅冒険者ということですが「強くも弱くもない」というイメージではなくて、「恐ろしく強い冒険者の中の中堅」という状態であり、弱くはなく十分に強いです。

特殊な能力の秘めていますが、その強さが「冒険者的には中堅」ということなのでしょう。

この主人公[ハジメ」が突然女の子「リルイ」と暮らすことになるところから物語がはじまります。

娘を見守るような子育て系、な感じではじまるのですがリルイの種族的能力のために物語の見え方が少し変わってしまい、その点が多少気になります。

物語的にこのリルイの能力はそこまで重要とは思えないので(もちろん重要にさせる展開になるのでしょうが)、個人的にはこういう能力はなかったほうが良かったのではと思ってしまいます。

なお中世風の世界観ではありますが、場所によっては現代と変わらない風景もあるため、時代設定はかなり緩めです。

それほど派手でもなく熱い展開もありませんが、冒険者の日常というテーマに惹かれた方にはおすすめです。

『29歳独身中堅冒険者の日常』の特徴

  • 冒険者の本当の日常
  • 突然少女と同居
  • 中堅冒険者

『29歳独身中堅冒険者の日常』の絵柄

たまにこなれてない感がありますが、全体的にはまとまっていて良い絵だと思います。

テーマ的にシリアスな場よりものんびりした場面が多いため、緩い絵柄の割合が増えます。

その緩い絵柄が少し堅いかなという印象でした。

また、動きに関してもあまり動いているような絵には見えず、動いているポーズをとっているという感じです。

テーマと絵柄はあっていますし全体的なレベルは充分だと思うので、その点は安心してお勧めできる絵です。

余談ですが、話が進むと出てくる大きなスズメが可愛いです。

『29歳独身中堅冒険者の日常』の見所

「冒険者の日常」が見所です。

「日常」を扱う作品は多いですが、大半が「異常なことが普通に起こっている日常」であり本当の日常とはいい難いものではないでしょうか。

この作品はそうではなく、ファンタジー世界の冒険者の、いつもの、普段通りの生活という意味で日常を描いています。

日常という言葉の意味が複数あるのでややこしいですが、「普通の日常」こそが見所です。

『29歳独身中堅冒険者の日常』のKindle予約情報

6巻が2018/11/9に発売されました。

『29歳独身中堅冒険者の日常』のKindle新刊既刊情報

最新巻6巻
発売日2018/11/9
次巻7巻
発売日情報なし
まとめ買いページ
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

異世界でスキルを解体したらチートな嫁が増殖しました 概念交差のストラクチャー

異世界もので、一応世界を救わない系かなと思います。
集団で転移させられた後に勇者志望の人物からの誘いを断り、単独で街に出て「さあどうしよう」という流れなので。

ただし、チートスキルでわりと無茶をやってる感じなので、目をつけられた挙げ句に重大事件に巻き込まれるのでしょうが。

チートスキルは「既存の単数や複数のスキル説明文内の単語を取り出し、順序や場所を入れ替えて新しいスキルを作る」という、半ば何でもありの強さです。

気になるのはこのスキルを他人に使用した場合、エロ系の演出で表現され、どう見ても前戯で感じているというか、やってしまってオーガズムに達している感じです。

もちろん意図的な描き方なのでしょうが、そういうのを求めずに読むとげんなりします。そこに項をさくならもっと物語を掘り下げる描写をしてほしいといいますか…。

なお、主人公は性格的にも肉体的にも体育会系ではないので、素の身体能力で大きな剣を振り回したり、怪力で相手をなぎ倒すようなことはありません(スキルを使ってそういうことをしかねませんが)。

スキル部分がチート過ぎてなんでもこのスキルで解決しそうですから、それ以外の展開を求める方にはあまり楽しめないかもしれません。

反対に、このパターンが好きでエロ表現OKならば楽しめるとは思います。

絵柄

絵柄は繊細で非常に上手だと思います。

明らかにイラストよりの上手さで、肌の質感などを見るとエロ系の人体表現といった感じです。

デッサンが大きく狂うようには見えませんし、ギャクシーンぽい時のデフォルメも好いです。顔がやや面長というか、鼻筋が長いのは絵のクセなのかもしれません。

ヒロインのセシルは特に気合いが入っていて、可愛くエロく見えるように集中的に気を使っているように見えました。

ただ、あまりアクションは向いていないといいますか、「動いてい場面を写真に収めた」ような絵は上手くとも、「動いて見える絵」は微妙な印象です。

[追記]

2巻では絵が崩れています。

特に顔の造形がまとまっておらず、適当に描いているように見えてしまうレベルです。

2巻を購入する場合は、1巻の絵を期待しないほうがよいでしょう。

『 異世界でスキルを解体したらチートな嫁が増殖しました 概念交差のストラクチャー』のKindle予約情報

2巻が2018/7/9に発売されました。

『 異世界でスキルを解体したらチートな嫁が増殖しました 概念交差のストラクチャー』のKindle新刊既刊情報

巻別ページ