カテゴリー
コミック紹介

29歳独身中堅冒険者の日常

「村付き冒険者」という設定で冒険者の日常をテーマにした作品です。

日常といっても「シュールな異常さが日常というほのぼのもの」みたいなものではなく、冒険者としての日常的な仕事をこなして過ごすという本当の意味での日常です。

村付きということで「村の便利屋」的な位置づけですが、そこはファンタジーなのでモンスター絡みの依頼も多く出ます。

この村付きという設定を大いに活かしていて、セリフやキャラクタの行動の端々で「冒険者の日常」が表されています。

主役は中堅冒険者ということですが「強くも弱くもない」というイメージではなくて、「恐ろしく強い冒険者の中の中堅」という状態であり、弱くはなく十分に強いです。

特殊な能力の秘めていますが、その強さが「冒険者的には中堅」ということなのでしょう。

この主人公[ハジメ」が突然女の子「リルイ」と暮らすことになるところから物語がはじまります。

娘を見守るような子育て系、な感じではじまるのですがリルイの種族的能力のために物語の見え方が少し変わってしまい、その点が多少気になります。

物語的にこのリルイの能力はそこまで重要とは思えないので(もちろん重要にさせる展開になるのでしょうが)、個人的にはこういう能力はなかったほうが良かったのではと思ってしまいます。

なお中世風の世界観ではありますが、場所によっては現代と変わらない風景もあるため、時代設定はかなり緩めです。

それほど派手でもなく熱い展開もありませんが、冒険者の日常というテーマに惹かれた方にはおすすめです。

『29歳独身中堅冒険者の日常』の特徴

  • 冒険者の本当の日常
  • 突然少女と同居
  • 中堅冒険者

『29歳独身中堅冒険者の日常』の絵柄

たまにこなれてない感がありますが、全体的にはまとまっていて良い絵だと思います。

テーマ的にシリアスな場よりものんびりした場面が多いため、緩い絵柄の割合が増えます。

その緩い絵柄が少し堅いかなという印象でした。

また、動きに関してもあまり動いているような絵には見えず、動いているポーズをとっているという感じです。

テーマと絵柄はあっていますし全体的なレベルは充分だと思うので、その点は安心してお勧めできる絵です。

余談ですが、話が進むと出てくる大きなスズメが可愛いです。

『29歳独身中堅冒険者の日常』の見所

「冒険者の日常」が見所です。

「日常」を扱う作品は多いですが、大半が「異常なことが普通に起こっている日常」であり本当の日常とはいい難いものではないでしょうか。

この作品はそうではなく、ファンタジー世界の冒険者の、いつもの、普段通りの生活という意味で日常を描いています。

日常という言葉の意味が複数あるのでややこしいですが、「普通の日常」こそが見所です。

『29歳独身中堅冒険者の日常』のKindle予約情報

6巻が2018/11/9に発売されました。

『29歳独身中堅冒険者の日常』のKindle新刊既刊情報

最新巻6巻
発売日2018/11/9
次巻7巻
発売日情報なし
まとめ買いページ
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

異世界おもてなしご飯

乙女ゲー的な雰囲気のあるグルメ系の異世界ものです。

異世界に転移させられた2人姉妹のうち、聖女(勇者的な立ち位置)として呼び出された妹でなく巻き込まれた姉が主役です。

他の異世界ものと大きな違いとして、この姉妹の関係を活かした点が挙げられます。

ほとんど描写がありませんが、召喚した側の要望を叶えるべく妹が行動しているため、妹単体で召喚の本来の目的は果たせています。

結果として、姉は妹がお勤めを果たしている前提のため修行や戦場に出されることもなく、ご飯つくり専念できるという下地が作れています。

料理を作り、その料理で他者との関係を成り立たせる姉の柔らかな物語が楽しめます。

なお、家ごと城の敷地内に転移しているため、中世風の城と日本家屋が並んでいる状態です。

たまに市場に出かけたりしますが、基本的には日本家屋内で料理をしているシーンが多いため異世界感はお付きの異世界人ぐらいしかおらず、その点も他とは違う作品です。

『異世界おもてなしご飯』の特徴

  • のんびり料理漫画
  • 異世界なのに日本家屋内のシーンが多い
  • 乙女ゲー(女性主人公に対して多くの男性キャラクター)
  • 姉も妹もやや共依存関係

『異世界おもてなしご飯』の絵柄

少女漫画の印象を多少感じるハイレベルな絵です。

漫画家というよりはイラストレーター系の繊細な絵であり、テーマや登場人物にあった絵柄だと思います。

料理漫画ということもあり食材や料理の絵が頻出しますが、どれもちゃんと描けています。

表情も可愛らしく魅力的です。

背景もしっかり描いており、人物含めてしっかりとした絵で安心できる作品です、

『異世界おもてなしご飯』の見所

「姉」が見所です。

ストーリ上、本来求められているのは妹であるため、オマケ的な姉がどう異世界で過ごすのかというのが見所になると思います。

役割を与えられるわけでもなく日々を過ごす状況でどういう生活を送るのか?

その営みの結果どうなるのか?

世界を救う戦いの行方のような大層ものではなく、そういう状況に放り込まれた人物のそれほど波風もたたない生き方を追うのも良いものです。

『異世界おもてなしご飯』のKindle予約情報

なし。紙媒体は2巻が2018/10/4に発売されました。

『異世界おもてなしご飯』のKindle新刊既刊情報

最新巻2巻
発売日2018/10/4
次巻3巻
発売日情報なし
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

とりきっさ!

「トリビト」という人間と鳥を混ぜあわせたような種族をメインに、トリビト姉妹の「リン」と「スズ」と人間の「ヒロカズ」が関わっていくほのぼの日常系の作品です。

異世界ではなく、現実的な人間世界から隠れた場所にトリビトの集落がある世界、という感じです。そのためトリビトは人間にはほぼ知られておらず、危険を避けるためトリビト側も人間には近寄りません。

トリビトは他作品でいえば獣人なのですが、この作品では違和感がある呼び方でトリビトとしかいいようがないかもしれません。

基本的には鳥の習性や本能を持っていて、「羽手種」や「人手種」のように手が鳥か人かで分けられています。ただ、頭だけ鳥で他は人のキャラクターもいて、人の割合は様々です。

主役のトリビト姉妹は「羽手種」ですが下半身も鳥で、手を除く上半身が人間です。

この姉妹が非常に可愛らしく、ここに惹かれたなら全巻買っても損はしません。

物語の基本は、人間のヒロカズが姉妹のいる喫茶店に訪れてトリビトと交流を広げていくという流れになるため、困難あり衝突あり和解ありなど一通りに出来事を目にします。

すぐに受け入れてくれるトリビトもいればかなり暴力的に拒絶してくるトリビトもいますが、姉妹と主人公の性格のおかげで最後はある程度まるく収まりシリアス展開は避けられています。

エロや百合抜きのふわっとした日常系が好きな方には強くお勧めできます。

絵柄

デフォルメが効いていて多少クセがありますが、一貫して安定していて高レベルです。

特に姉妹の妹の方は表情がクルクルと変わるのですが、それをしっかりと描いてて充分に感情が伝わってきます。

トリビトという種族も色々と考えて作られていて人間具合が絶妙なデザインも多く、多少特殊な形態の「エナガ」と「常連さん(雀?)」も必見のデザインです。

内容にあった素晴らしい絵だと思います。

4コマあり

4コマありといいますか、4コマメインといいますか、話数によっていろいろ変わります。

4コマに抵抗があるかたは最初は気になるかもしれませんが、1冊読み終える頃には気にならなくなっているはずです。

イチオシのキャラクター

主役の姉妹も良いのですが、「トキジ」という服職人の子供のキャラクターが特に魅力的です。

登場回数は多くないのですが、出てくるたびに強く印象に残ります。

一話だけサイレント映画のような話でトキジが主役になるのですが、その話は必見です。

『とりきっさ!』のKindle予約情報

完結のため無し。

『とりきっさ!』のKindle新刊既刊情報

最新巻7巻
発売日2018/2/1
次巻完結
発売日-
まとめ買いページ
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

邪神ちゃんドロップキック

メインキャラクターが女性のみのギャク漫画ですが、1人を除いて全員が人間ではなく悪魔という設定です。

人間の「ゆりね」と悪魔の「邪神ちゃん」を中心に、他の悪魔や人間がからんでくる形です。

タイトルからなんとなく感じ取れるかもしれませんが、キャラクターの造形が可愛いのに反してネタ自体やオチをバイオレンス系に持っていくことが多く、ダメな人はダメかもしれません。

しかしそこが魅力でもあるので、大丈夫な方はハマると思います。

邪神ちゃんの目的が「自分を召喚したゆりねを殺して魔界にかえりたい」なため常日頃から色々や手段を講じており、結果として返り討ちに合って毎回バイオレンスな目に合わされます。

この作品のルールとして人間のゆりねは悪魔に対して異様に強く、精神的どころか肉体的に悪魔の邪神ちゃんを刻んだりします。

比喩ではなく、主に尻尾(邪神ちゃんは下半身が蛇なのでその部分)を輪切りにされます。

そのため楽しみ方としては、「今回は邪神ちゃんがどう料理されるのか?」というのが基本になります。

もちろんそれだけではなく、邪神ちゃんの真っ当な面にスポットライトが当たったり、サブキャラクターがメインの話でしんみり来るものがあったり、悪びれもなく幼女(悪魔の女の子ですが)誘拐をしながらも最終的にうやむやにする女性警官の話もあったりとバラエティに富んでいて、マンネリ感はあまり感じないはずです。

なお、キャラクターや描写や展開されるネタがかなりギリギリ(グロとか倫理的な意味で)なのですが、ちゃんと日常系ですし日常系に見えます。

不思議ですが日常系としか言い様ありません…。

絵柄

線が独特ですが、基本的に独自の絵柄で一貫していて安定しています。

顔の輪郭や目などがある種の記号的なステレオタイプで作られていて、そこだけみると古めの絵柄に見えるかもしれません。

実際にはそれも味として楽しめるレベルに絵が上手いためマイナスにはならないでしょう。

ギャク漫画なのでツッコミ時にはかなり激しい表現もあり、絵の緩急も大きく刺激の多い作品です。

『邪神ちゃんドロップキック』のKindle予約情報

11巻が2018/8/7に発売されました。

『邪神ちゃんドロップキック』のKindle新刊既刊情報

最新巻11巻
発売日2018/8/7
次巻12巻
発売日情報なし
まとめ買いページ
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~

異世界ものですが、VRゲームの世界に転移という導入です。

物語の開始時点で転移から3年経過していて、転移先の世界で普通(というと微妙ですが)に生活していると言う点は珍しいと思いますので、一応日常系かなと。

ただ、主人公は高レベルプレイヤーということで、このあたりはお約束ですね。

自分で「神をも殺せる>」といっているあたりで中2感が強いですが、全体的にはそこまで中2感は強くない気もします。

冒頭で異世界に着た理由や使命はわからないと語られており、タイトルもフリーライフということで、日常生活ものとして期待できそうです。

が、既に冒頭で影のヒーローよろしく行動しており、日常とはいいがたいといいますかやっぱりそっちかという感じです。

絵柄

デッサン崩れもあまりなく、基本的にしっかりとした絵だと思います。

対して顔の描写が薄いというか、微妙な気はします。

線が少ないからだめということではなく、他の作品では息抜き的に描かれるほわっとした感じの顔がメインの描き方になっている感じで、そこが原因かもしれません。

背景も簡略化の具合がよくないようで、描いているのに単調にみえるなどこなれてない感が強いです。

パートナー的なユミエルというキャラクターのみど的確な描写をしているように見えるので、作者のお気に入りなのかもしれません。

『フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~』のKindle予約情報

なし。1巻が2018/4/26に発売されました。

『フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~』のKindle新刊既刊情報

最新巻1巻
発売日2018/4/26
次巻2巻
発売日情報なし
巻別ページ