カテゴリー
コミック紹介

効率厨魔導師、第二の人生で魔導を極める

転生ものですが、時間軸を遡る人生やり直し系なので世界はそのままです。

生涯を魔導の研究と修練に捧げたものの、老人の時点でめざした方向性と才能の乖離が問題であると気付いて人生のやり直しを決意というのが冒頭の流れです。

老人が少年時代に戻るので知識や経験がチート能力のようなものですが、魔導の才能自体は生まれ持ったものでしょうからその意味では控えめなチートかもしれません。

とはいえ本来知り得ない魔法の技術を知っているアドバンテージは高く、効率的な修練を重ねることが可能になるため成長速度はチートそのものではあります。

可愛い女の子や色気のある女の子に囲まれて過ごすことになるようですが、中身が老人で体が子供という設定のために読者としてはどう読めばいいのか戸惑う作品です。

心や頭に合わせて老人視点なら孫ほどの年齢の女の子が相手になりますし、体に合わせて少年視点なら中身が老人設定を意図的に無視する形になり、この作品を読む意味もないように思えるためです。

感情移入がしにくいか作品もしれません。

『効率厨魔導師、第二の人生で魔導を極める』の特徴

  • 人生をやり直す
  • 魔法特化
  • 中身と体の年齢ギャップ
  • 可愛い女の子とのハーレム

『効率厨魔導師、第二の人生で魔導を極める』の絵柄

絵自体は問題なくうまいといえるものですが、なぜか古さを感じてしまいます。

恐らくキャラクターの顔というか「目」の描き方が原因ではないかと考えていますが、あまり自信はありません。

多少ごちゃつきもキツく何を描いてるのか分からない時もあります。

悪くはないのによく見えない絵という印象です。

『効率厨魔導師、第二の人生で魔導を極める』の見所

「成長物語」が見所です。

人生をやり直す動機が魔導の再修練ですから、自分の望む方向に成長するために努力する物語となるため、必然的に成長過程が最大の見所になります。

知識はあれど能力が追いつかない状況(ゲーム的ですがレベルが足りてない状態)ですから、その時々に出来ることを裏技的なものまで駆使して行う必要があり、その創意工夫を見るのはおもしろいと思います。

攻略サイトを見ながらプレイしているような感覚で、「今このタイミングならあそこでああすれば経験値もお金も稼げる」などと考えて行動している様子を見ている感覚です。

『効率厨魔導師、第二の人生で魔導を極める』のKindle予約情報

なし。4巻が2018/4/12に発売されました。

『効率厨魔導師、第二の人生で魔導を極める』のKindle新刊既刊情報

最新巻4巻
発売日2018/4/12
次巻5巻
発売日情報なし
まとめ買いページ
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

回復術士のやり直し

タイムリープ系のファンタジー作品です。

特徴は、勇者の1人である主人公が相当に悲惨な目にあった上でのやり直しという点です。

主人公が悲惨な状況というのはわりとありますが、この作品では意図的に薬物中毒にされたうえ、レイプ(主人公は男ですが精子を体内に入れれた人物は男女関係なく能力が向上するため)されたり使い捨ての駒のように扱われるなど、具体的に悲惨な内容が説明されています。

加えてやり直し後もある程度は同じ目に合う必要があり、辛い経験を自覚的に繰り返す状況です。

能力は回復ですが、実際には根本が回復とは違うようで、その点を利用した話の展開になっています。

基本的に復讐劇であり、ほのぼの楽しいお話ではありません。

復讐劇がお好きな方であれば読んでみても損はないと思います。

絵柄

商業では少し厳しいレベルに思えます。

デッサンが微妙な部分もありますが、それよりも表情の描き方に問題を感じます。

作品のテーマ的に苦悶や憤怒や絶望などの激しく暗い感情を描けなければならないのですが、表現に幅がないうえ簡略化があまり良くなく稚拙に見えます。

とはいえ描くことが難しいテーマですし、このまま巻を重ねる過程で絵は良くなるものですし、1巻で判断せずにいるほうが良いとは思います。

『回復術士のやり直し』のKindle予約情報

2巻が2018/9/4に発売されました。

『回復術士のやり直し』のKindle新刊既刊情報

最新巻2巻
発売日2018/9/4
次巻3巻
発売日情報なし
巻別ページ