カテゴリー
コミック紹介

科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌

異世界転移ものですが、アラクネやハーピーなどの空想の生物に対して科学的な考証をしている点が他とは違う作品です。魔法はないようです。

クリエイターの中にはモンスターやアニメのキャラクターの骨格を作る人もいますが、この作品では骨格ではなく生物学的な面で習性なども含めた検討が行われています(筆者は生物学にくわしくないので内容の正確性はわかりかねますが)。

ただもう1つ大きな特徴がありまして、主人公が「クリーチャー娘のハーレムを作る!」と公言しており、実際に毎回セックスシーンが描かれる点です。

相手は空想上の女性というか雌というかそういうものなので、容姿や年齢などに制限がないも同然で結構危ないラインのキャラクターのシーンもあります。

一応行為の度にそれっぽい考察は入りますが、ストレート過ぎるぐらいにストレートで、この部分が好きか嫌いかが全てでしょう。

なお、現代の技術を伝えるという側面もありますがファンタジー世界の技術自体も踏まえられているため、知識や技術があれば何でもできるという展開ではありません。

そういった点では異世界という世界そのものをテーマにしたスケールが大きめの話ではあります。

『科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌』の特徴

  • モンスターとのセックス
  • 空想上の生物の生物学や民族額的な考察
  • 現代の技術を異世界で適用
  • ハーレム

『科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌』の絵柄

既にいくつかシリーズを刊行している方なので全体的に安定しています。

背景が重いというか硬質で、植物や地面等の自然な柔らかさは苦手なのかもしれません。

キャラクターは独特で、絵柄的にはロリ系ですが目が小さめなのが特徴です。

この作品のテーマ的に動物や昆虫など人間外の部位が多く出て来ますが、そちらの描写は一貫性が強くブレがなく知識による裏付けを感じます。

昆虫やは虫類などが苦手な方にはあまりお勧めできません。結構生々しいので。

『科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌』の見所

「クリーチャー娘」が見所です。

娘といっても種族全体ということではありますが。

良くも悪くもクリーチャー娘を描くことに注力していて、そこが気に入るかどうかは大きな分かれ目です。

『科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌』のKindle予約情報

3巻が2018/11/20に発売されました。

『科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌』のKindle新刊既刊情報

最新巻3巻
発売日2018/11/20
次巻4巻
発売日
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

駆除人

異世界転生ものですが、職業が害虫害獣駆除者という変わった設定です。

異世界にそういう職業があるわけでなく昆虫型やネズミ等の小動物型の魔物を専門に狩るという感じなので、ゴブリンスレイヤーなどのタイプになります。

倒し方も少し似ていて、前世の知識で毒物を作りそれを蒔いて依頼を達成していきます。

剣や魔法でどうこうではなく殺鼠剤でまとめて倒すという点はまさに「駆除」ですね。

作中で早々にレベルが上がり能力値がチートと変わりない感じになりますが、一応理由としては「駆除した小物の死骸を森に捨て、それを食べた中型の魔物と、さらにそれを食べる大型の魔物までも毒物で倒したことになった」のだと思います。

それでも上がり過ぎですが。

主人公は多少無気力気味ながらも職人肌で、他の作品の主人公と比べても好感が持てます。が、読み進めると違和感が。

一言でいえば自分がない感じで、中身をあまり感じませんでした。状況毎に機械的に反応しているようにも見えて、いい意味でも悪い意味でも欲を感じず、かといってそれが達観や諦観からとも見えず。

対して、ヒロインらしき亜人の女性は真逆で感情的過ぎてよくわからないキャラクターです。一緒に登場した男性亜人は性格付けも分かりやすく好感が持てましたが。

一話完結でその街だけに存在するゲストキャラクターが出てくるという形式ではなく以下のような流れがあります。

  1. ゲストキャラクター登場
  2. 発端となる物語の終わりで仲間に加わる
  3. 違う街まで旅をして、そこで出来事が起こりゲストキャラクターと別れる

一話完結型の亜種のような印象ですが、旅を挟んでの分かれというのが思った以上にゲストキャラクターへの感情移入をさせるものだと感じられ、面白い構成だと思います。

設定や構成は面白そうなのですが、エロ関係の違和感や唐突感が気になるので今後どうなるのかがやや不安な作品です。

絵柄

崩れのないしっかりとした絵柄で、女性は可愛くキレイに描かれています。

キャラクターの動きも表現されていて構図も上手な印象です。

ギャクっぽいシーンではしっかりとデフォルメが効いており、緩急もちゃんとしています。

背景の書き込みも細かいことが多く、特に単調になりやすいパターン(積み上げたレンガなど)を見る限り妙な手抜きはありません。

木々の表現も上手く、遠近表現だけでなく場面毎に風景の描写で雰囲気を作ることもされていて実力を感じます。

エロ表現あり

主人公1人なら問題なかったのですが、女性キャラクターが出てくるとエロ表現が突然差し挟まれます。

原作準拠なのだとは思いますが、描写に手抜きをしないせいで色気シーンもそれなりにエロさがあり、そういう方面が好きな方むけの作品かと思ってしまいました。

2巻では空想の場面とはいえ結構なSEXシーンが差し挟まれていてます。

エロを求めて読むには分量がたりませんが、エロを求めていないのなら描写がしっかりし過ぎという、微妙な問題を感じます。

『駆除人』のKindle予約情報

2018/4/26に2巻が発売されました。

『駆除人』のKindle新刊既刊情報

最新巻2巻
発売日2018/4/26
次巻3巻
発売日情報なし
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

転生したらスライムだった件

異世界ものに限らす幅広くみても、絵柄も内容も素晴らしい作品です。

転生先としてゴブリンにも劣る最弱モンスターのスライムを選びつつ、その特性を活かして生きて行く姿を描くサクセスストーリ。という感じでしょうか。

とはいえ、補職した相手の力を得るという能力のために冒頭の伝説級のキャラクターを補食した時点で相当に強くなってしまい、少しづつ強くなっていくような成長ものとは少し違います。

基本的にモンスターや亜人(ドワーフ)が登場し、人間はあまり出て来ません。話が進めば対人間の物語も描かれるでしょうが、とりあえずは人外中心です。

仲間といいますか賛同者を増やしていくのですが、その過程で「名付け」を行いそのキャラクターのレベルがあがります。
こういう場合のお約束的に、レベルが上がると人間の姿に近くなり、人外感はやや薄れます。

物語全体では、モンスター中心の国づくり的なものがあるようで内政系といえ、魔法などがあるので微妙ですが多種族との戦争や外交も描かれています。

盛りだくさんなので一つ一つの印象は弱いのですが、絵の美味さもありキャラクター中心で読むととても楽しめる作品です。

絵柄

個人的に好きな川上泰樹さんが絵を担当しているので、文句なしで良い絵です。

線が単調ではなくややザラついており、絵物語といいますか、非常に雰囲気のある絵柄です。

デッサンの崩れもありませんし、アクションシーンの動きなども必見の絵です。

キャラクターの造形としては美男美女がやや面長になる傾向を感じますが、そこまで気になる程ではなく川上さんの特徴的な絵柄という認識でよいと思います。

肝心のモンスターなどのクリーチャーデザインも秀逸で、あまりかっこ良くないはずの豚モチーフのオークですら魅力的です。

他にも「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン」や「まおゆう魔王勇者 外伝 まどろみの女魔法使い」などを書かれているのでコミカライズの経験も豊富で腕も一流です。

亜人の種類

今のところスライムは主人公だけですが、以下のような亜人やモンスターが出て来ます。

  • ゴブリン(美形/マッチョ/おちゃらけ)
  • ドワーフ(ひげ面職人)
  • ドライアド(甘いモノ好きの美人)
  • エルフ
  • 狼(主にベッタリの獣)
  • 昆虫(蜂とかクワガタ的なのとか)
  • 鬼(オーガだが日本風)
  • オーク(豚)
  • リザードマン(水かきあり)

種族ではなく恐ろしく強くなった固体として「魔王」も存在しています。

精霊もいますが、特定のエピソードに絡んでいるだけで存在感はありません。

初期はゴブリンのみで役職付きになったりするのですが、種族が増えると極たまにしか登場の機会がありません。一部はメイン並に登場はしますが、仕方が無いとはいえ残念です。

少ししか出番がありませんが、まんま昆虫のモンスターが傘下に加わるのは興味深い所です。

中2的な表現

コミックではなく原作の要因なのですが、「飢餓者」と書いて「ウエルモノ」とルビをうつ場面があり、こういう点が個人的には中2感が強くてだめでした。

キャラクターの戦闘服にスーツ的なのがあるのも同様に中2感があり、他の要素から浮いている印象です。

気にならない人がほとんどでしょうし、気になってもある程度慣れるので無視できるでしょうから、問題にはならないと思いますが。

『転生したらスライムだった件』のKindle予約情報

10巻が2018/12/7に発売されました。

『転生したらスライムだった件』のKindle新刊既刊情報

最新巻10巻
発売日2018/12/7
次巻11巻
発売日情報なし
まとめ買いページ
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

異世界のんびり農家

農業といいますか集落作成と運営をテーマにしている印象です。

主人公が世界を救わないタイプで、あまり我欲もなくわりとフラットな印象なのですが、後で加わるエルフやバンパイアの女性と日替わりでSEXするという意外性のあるキャラクターです。

リザードマンの村への加入時には「これで男が増えるから抱く人数が減って助かる」という感じの思考をするなど、貞操の観念は欠落している模様です。

描写として行為のシーン自体はないのですが、キャラクターの1人が懐妊して他のキャラクターも子供が欲しいという出来事もあり、珍しいぐらいストレートなハーレムを形成しています。

しかしながら最初に仲間になるのは狼型のモンスターで、他には蜘蛛も仲間になり、多少の多様性はあります。

狼と蜘蛛は子孫をガンガン増やしていくようで、子供が巣立つシーンも一応あります。

タイトルには農家とありますが、農業は添え物程度の印象なのが残念です。これなら「田舎暮らし」などの方がまだあっていたでしょう。

戦闘はほぼありませんが主人公が「キレたら怖い」系らしく、戦闘系のチート能力者物語的なものも微妙に見え隠れしています。

原作があるので無理な話ではありますが、せっかく「異世界のんびり農家」と入っているのですからもっとスローライフな方向にいってくれればと願うばかりです。

絵柄

絵自体は悪くはないのですが、動きが堅いといいますか、キャラクターが止っているように見えることが多いです。

アングルにあまり変化がないのも原因かもしれません。定点カメラで見ているような印象です。

動きのない絵で作られたコミックは静止画の連続と同じなので、場面がぶつ切りであまり没入感は得られないでしょう。

絵本的な印象です。

『異世界のんびり農家』のKindle予約情報

2巻が2018/7/5に発売されました。

『異世界のんびり農家』のKindle新刊既刊情報

最新巻2巻
発売日2018/7/5
次巻3巻
発売日情報なし
巻別ページ