カテゴリー
コミック紹介

最果てのパラディン

ファンタジー世界の転生ものではありますが、全体を支配する雰囲気が独特な作品です。

タイトルの印象もあると思いますが、全体的に落ち着いていて「黄昏の時代」のようなことが浮かぶほどです。

登場人物は絞られていますが、読者にも明かされない背景をもったままのため具体的な掘り下げがスロ―ペースです。
しかしながらその状態で展開される日常の場面が静かに積み重なっていて、後にくるであろうカタルシスのための準備に思えてきます。

それを感じてしまうと、日常の場面の一つ一つが大切な思い出の一場面にも感じられ、結果として独特の世界観を作っているのでしょう。

派手さはそれほどないですが(派手な演出もありますがそれすら全体の雰囲気にのまれている印象です)、作品の全体像自体が持つ影響力が強い珍しい作品です。

異世界転生ものでハーレムやら無双やらに飽食気味の方には特におすすめできそうです。

『最果てのパラディン』の特徴

  • 少ない登場人物
  • 静かな日常と思い出
  • 当初は明かされない背景

『最果てのパラディン』の絵柄

デッサンが狂うこともなく安定してこうレベルの絵です。

表紙自体がイラストとして完成されていますが、中身も相応の絵だと思って間違いありません。

アクションがだめということではないのですが、作品の影響か静かな場面の絵が特に良く雰囲気を十分に味わえるでしょう。

『最果てのパラディン』の見所

見所はやはり「世界」でしょう。

彼らがどこで、どういう背景を持ち、何を考え、どのように行動しているのか?ということが作品世界をしっかりと形作っています。

それらが絵やセリフから存分に感じられ、作品に引き込まれるほどに読者側がいろいろと想像してしまうことになります。

結果として描かれている以上の物語を読むことができるため、どれか1つの要素いうよりは、作品世界そのものが見所と言えます。

『最果てのパラディン』のKindle予約情報

2巻が2018/10/25に発売されました。

『最果てのパラディン』のKindle新刊既刊情報

最新巻2巻
発売日2018/10/25
次巻3巻
発売日情報なし
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中

異世界もので主人公はゲームのキャラクターのまま転移されましたが、ゲーム世界ということではないようです。

ゲームキャラクター時の魔法は使えるため関連はあるはずですが、地理や文化や登場人物などに対する主人公の反応を見る限りゲームそのままではなく、詳細が不明です。

とりあえずのんびり隠れ住みたいようですが、困った人(エルフ)を助けるなどヒーロっぽいことをしだすなど、タイトルのようにのんびりとした展開ではありません。

主人公が高レベルでステータスも装備も最上級のため身の危険がほぼなく、その点では確かに「のんびり」ではありますが。

オーバーロードと同様に骸骨姿でありそれをネタにしたりする場面もありますが、正直あまり必要性を感じません。

物語を動かす要因の1つにはなっていますが、骸骨である強い必要性があったとは思えず現状では単なる特徴の一つという印象です。

「騎士」ではありますが魔法も使う(移動系)ため剣技がメインではありません。戦闘シーンは瞬間移動で不意を打ち高レベルステータスにまかせて撃退という大雑把さです。

この点は物語上の演出でもあり、後ほど改善の必要性を自ら悟りますが。

なお、冒頭で出会う精霊獣がマスコットキャラとしてかなり強めに打ち出されているので、その点は他の作品と少し違います。

ありがちな展開として、成長後に人型にはならないことを願いたいですね…。

絵柄

全体的にまとまっていて大きく崩れることもなく安定しています。

アクションシーンでは描写とアングルに堅さを感じるので、動きを感じる絵ではありません。

主人公が鎧を着ていて毎回これを描くのは非常に手間がかかるのは理解していますが、金属表現が弱く堅さも感じずで微妙です。

こちらは意図的だと思いつつもその理由がわかりませんが頭蓋骨の描写レベルが2つあり、1つはしっかりと頭蓋骨を描いており、1つは球にテクスチャを貼付けたように平面的な頭蓋骨で描かれています。

後者が出る旅に違和感があり気になってしまいました。

細かい点を書いてしまいましたが、エルフの女性はキレイですし、エルフの男性もそれっぽさがしっかりとありますし、背景も適度に簡略化しつつも程度良く描かれていますし、最初に描いたように全体的にはまとまっていて十分楽しめる絵です。

『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中』のKindle予約情報

3巻が2018/09/25に発売されました。

『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中』のKindle新刊既刊情報

最新巻3巻
発売日2018/9/25
次巻4巻
発売日情報なし
まとめ買いページ
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

異世界迷宮でハーレムを

異世界もので、転移先はゲーム中らしき世界です。

知らぬ間にチート能力を得るということではなく、冒頭でゲームのキャラクターメイクをすることで一応のスキルや道具の説明付けがなされている点は珍しいと思います。

また、スキルよりも装備品をチートにすることで、本人は弱いまま武器だけ強いというアンバランスさを表現していて、話に幅が出せる設定です。

対して、自覚的ではあるのですが主人公は口調がおかしく、そこの違和感が拭えません。思考内容は割と納得できても、結果として発言する言い回しや言葉遣いのせいでイロモノに見えます。

この点もストーリーに活かされるのかもしれませんが、気になるものは気になります。

主人公は性格的に難はあれど、物事を受け入れる時も拒絶する時もそれなりに「実際にありそうな」という感じを受けるので、正直でよいとも思えます。

タイトルからして「ハーレム」ですし、ストレートでよいのではないでしょうか。

絵柄

立ちポーズは良いと思いますが、アクションシーンなどでキャラクターやアングルを動かす場面では堅さや狂いが散見されます。

背景、特に自然物の表現が上手いとはいえず、植物などは存在感も質感もあまり感じませんでした。

対してキャラクターの表情は上手いと思います。感情をしっかりと表現して、すんなりと人物の感情が読み取れるでしょう。

2巻ではかなりの長さでSEXシーン(前戯の手前というかベッドに入るまでのやり取りがほとんどですが)を見ると女性の体の描き方に異様に力がはいっている印象で、エロ系の表現力は確かなようです。

なお、原作の影響だと思うので仕方がないのですが、主人公の髪型は受け入れ難いレベルです。サブキャラクターならまだしも、主人公がこの猫耳というかぴょこっと横に尖る髪型というのは…(3巻でなんだかおとなしくなりました)。

3巻でもSEXシーンの表現方法(アングルや濡れ方など)が18禁のそれと同レベルに見えます。一冊のボリュームの中でエロを集中的に描く部分と描かない部分に明確に分けている印象で、常に過度のエロ表現があるということではありませんでした。

『異世界迷宮でハーレムを』のKindle予約情報

3巻が10/26に発売されました。

『異世界迷宮でハーレムを』のKindle新刊既刊情報

最新巻3巻
発売日2018/10/26
次巻4巻
発売日情報なし
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン

ゴブリンスレイヤー本編の前日譚がテーマの作品です。

原作は蝸牛くもさんのままですが、絵は本編とは別の栄田健人さんが担当しています。

ゴブリンスレイヤー本編では行きなり銀等級(在野では一番上の位)なので強い状態ではじまっていましたが、外伝では冒険者になる前からはじまります。

構成上、少年期から行きなり冒険者登録まで飛んでいますが、回想で師匠の存在に触れており、今後は間を埋めるように詳細が語られるのでしょう。

どのようにしてゴブリンを狩ることに特化していったのかがつぶさに表現されているので、「外伝だから同じだろう」と敬遠するのはもったいない内容です。

サブキャラクターである幼なじみの女性(牧場に居候している女性)も同様にゴブリンの襲撃で心に傷を追っており、その様子も外伝ではしっかりと描かれていますし、牧場の主の心境も垣間見えるので、世界観の補強という点でも魅力的です。

絵柄

正直、ゴブリンの描写は本編の黒瀬浩介さんとほとんど同じレベルで、見分けが付きませんでした。非常にハイレベルな絵です。

鎧や背景などの人物以外の描写も素晴らしく、手抜きはありません。

対してキャラクターの顔はややクセがぬけていてマイルドになった気はしますので、その点で違いは感じます。

今後は他のキャラクターも出てくるでしょうから絵柄の違いは広がるとは思いますが、それでも質の点で本編に劣ることはまずないでしょう。

『ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン』のKindle予約情報

2巻が2018/12/13に発売されました。

『ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン』のKindle新刊既刊情報

最新巻3巻
発売日2018/12/13
次巻4巻
発売日情報なし
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

転生したら剣でした

異世界ものですが、転生対象が人間やモンスターなどの生物ですらない無機物の「剣」です。

剣がどうやって主役にと思いましたが、そこはファンタジー。魔力で自在に動き回れるようになって解決です。

序盤ではちゃんと成功はしていませんが人型の分身を作る能力も得ているので、今後そういう展開もあるのでしょう。

基本的に剣だけでかなりの強さという設定ですが、それを活かして相棒として獣人の少女「フラン」が登場します。

異世界ものではよくある「可愛く幼い奴隷の獣人娘」で、庇護欲をそそられるかと思います。

獣人の扱いは悪いですが、獣人の中でももっとも蔑まれている種族(黒猫族)ということで、自分より下がいない境遇からの成り上がり物語でもあります。

なお、基本的には主人公の便利機能でガンガン成長していくので弱い期間は短いです。

絵柄

剣のデザインが装飾過剰ですが、この辺りは原作のこともあるのでどうこうはいえません。

その他も原作準拠らしい部分はおいて、全体的に線がやや細い印象です。

デッサンが特別くるっていたり、素人のような絵ということではなく、しっかりと商業レベルの絵であるのですが重さがないというか軽く見えます。

そのせいか残酷な場面でもあまり生々しさがなく、それが良いと感じる人も、悪いと感じる人もいそうな絵です。

気軽に見れるという点では良いと思います。

基本的にはフランを愛でる物語

状況や設定は色々ありますが、強い武器である主人公がフランの成長を助ける様を見るという、読者にとっては「フランを愛でる物語」だといえます。

その点で、自分が成長するよりも相棒を成長させることに楽しみや面白さを感じる方にお勧めできる作品です。

父が娘を守るように。彼女を彼氏が守るように。そんな関係性の物語ですね。

『転生したら剣でした』のKindle予約情報

Kindleは紙媒体の発売と同時に購入可能になるため、予約はできません。

なお、4巻は2018/9/21に発売されました。

『転生したら剣でした』のKindle新刊既刊情報

最新巻4巻
発売日2018/9/21
次巻5巻
発売日情報なし
まとめ買いページ
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

ゴブリンスレイヤー

ファンタジーの中ではかなりの良作です。

ゴブリンをメインで扱う作品は増えていますが、敵方としてここまでこだわっているのはゴブリンスレイヤーぐらいでしょう。

ゴブリンを単なる雑魚ではなはなく生き物として捉えていて、その行動や思考までしっかりと考えられています。

それだけに、ゴブリンならやるであろう様々なことが描かれています。

例えば、女性を捕まえてレイプし続け子を生ませようとする場面が何度もでてきます。

作中では女性の小便の臭いを好むという説明もあり、ゴブリンがどういう生態なのかが自然と理解できるでしょう。

主人公は中肉中背ながらゴブリン退治に特化した技能をもち、基本的にはソロで巣穴の攻略(=巣穴の中のゴブリンを皆殺し)可能な人物です。

この主人公に女プリーストがメインで加わり、そこからサブレギュラー的なキャラクターが加わってと、ソロからパーティーになっていくようです。

設定もキャラクターも物語も他の作品より一段上で、買っても損をしない作品です。

絵柄

キャラクターの顔の描写に多少の古さを感じますが、すぐに気にならなくなります。

なぜならキャラクターの装備の緻密さ、背景の描写、アクション、なによりゴブリンの表現が素晴らしく、1コマの完成度に目を奪われるためです。

それだけに没入感も凄まじく、集中して全冊読んでしまう程です。

魔法

ゴブリンスレイヤーの世界には魔法や神の奇跡が存在しますが、基本的には剣の時代という感じです。

なぜなら、魔法の回数制限がかなり厳しいようで、初心者は2,3回魔法を放てば打ち止めという状態だからです。

対ゴブリンに関して言えば、相手は数で押し込んでくるのですから、よほど効果的につかわなければすぐに魔法使いや僧侶は押し潰されてしまいます。

実際、魔法使いが数で簡単に押されて潰され、レイプの後に殺されるという場面が冒頭にあります。

ファンタジー作品ですが、その世界で実際に起こりうる状況が描かれており、それがリアリティーの強化に繋がっているのでしょう。

『ゴブリンスレイヤー』のKindle予約情報

6巻が2018/12/13に発売されました。

『ゴブリンスレイヤー』のKindle新刊既刊情報

最新巻6巻
発売日2018/12/13
次巻7巻
発売日情報なし
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

ザ・ニュー・ゲート

ゲームに取り込まれるという異世界ものですが、そのゲームからの開放が物語の始まりになるという少し変わった展開をみせる作品です。

主人公のシンは物語がはじまる前、つまりゲームからの脱出前に鍛えているという設定があるため、ゲーム世界の住人とのレベル差の説明は一応ついていて筋は通っています。

努力の結果手に入れた(ような描写が少ないので単なるチートに見えやすいですが)点は、主人公のテンプレ感を軽減していて読みやすいと感じました。

ゲームクリアから500年が経過した世界を歩くという感じですが、その状況を活かしているのがかつての仲間との再開です。

500年をただの数字ではなく積み上げた年月として想像できれば、再開のシーンには胸に迫るものがあるはずです。

絵柄

モンスターやおじさんを見ると絵柄が少し古めの感じはしますが、女性などはしっかりと「美人」に見えます。

今時とか今時でないとかではなく、見て「美人だ」とすんなり感じられる絵です。

ギャグパートのデフォルメもあるため緩急も付いていますし、飽きのこない構成だと感じました。

漫画担当の三輪ヨシユキ さんは「終極エンゲージ」の作者さんでもあります。

主人公は本来は生産職で店をやっていて、その店がホームとして描かれています。

ただ単に冒険して回るということではない要素であり、「家の中の団らん」的な柔らかいエピソードも出てくるので、その点でもう起伏のある展開が楽しめます。

店で剣を作るシーンもあるなど生産職っぽい描写もありますが、前提としてスキルの使用があるため過程があやふやや簡略化して描かれているため、あまり生産職の作業という印象は持てませんでした。

「自分で伝説級の武器を作れる」というのは明らかにチートですが、これに関しては一応ゲーム時代のシステム範囲内のことなので筋は通っているかと思います。

『ザ・ニュー・ゲート』のKindle予約情報

なし。最新5巻は2018年3月16日に出版されました。

『ザ・ニュー・ゲート』のKindle新刊既刊情報

最新巻5巻
発売日2018/3/16
次巻6巻
発売日情報なし
まとめ買いページ
巻別ページ