カテゴリー
コミック紹介

空挺ドラゴンズ

ドラゴンを「狩猟対象」「食料」「素材」として配置して、そのドラゴンを専門に狩る「捕龍船」と乗務員の物語です。

群衆劇の要素もありますが、メインの男女がおり、男性は凄腕で料理の腕もいいもののやや無愛想なヒーロータイプ。女性は元気な新人という感じです。

ドラゴンはよく題材にされますが、この作品では装備を整えた人間の集団に狩られる存在です。

ただ、生態等に不明な点も多く、巨躯は人間の脅威でもあり、恐れられる存在でもあります。

龍を狩ることの意味、龍の狩り方、龍の食べ方、龍の活かし方、龍を主軸にいろいろ多くのテーマが盛り込まれていて、読み応えある作品となっています。

反面メインのテーマが薄いように感じるかもしれませんが、「ドラゴンと人間の話」という筋は通っているので、そこを基本に読むと迷いなく楽しめると思います。

『空挺ドラゴンズ』の特徴

  • 巨大な龍と人間
  • 狩られる対象としての龍
  • 捕鯨船のイメージ
  • 龍を使った料理
  • 可愛い女性、きれいで強い女性

『空挺ドラゴンズ』の絵柄

非常に上手い上に、味といいますか情感のある絵です。

通常でも動くシーンでもッサンに狂いはなく、キャラクターの顔のアップもハイレベルという状態で、特に気になることはありませんでした。

龍のデザインも考えられていて、一種類のトカゲや蛇のようなフォルムだけではなく、生物として多様性のある姿にデザインされています。

「龍」を「種の総称」のように捉えているのでしょう。

カラー表紙はやや宮崎駿さんのテイストもあり、こちらも必見です。

『空挺ドラゴンズ』の見所

「龍と人」が見所です。

龍を扱う作品は多いですし、龍を狩るという作品も多いですが、この作品で描かれる人と龍の距離感は少し特殊に見えます。

龍は恐れられているもの、生活の一部に含まれていて人間側から感じる距離感は近いように思います。

対して、龍の側からの感情や思考はほぼ語られず、そのこと自体が現実の動物と人間の関係性により近く感じさせます。

種も違えば言葉も通じないのに、狩るために近づく人と龍の微妙な関係をどう描くのかに興味をそそられます。

『空挺ドラゴンズ』のKindle予約情報

5巻が2018/11/7に発売されました。

『空挺ドラゴンズ』のKindle新刊既刊情報

最新巻5巻
発売日2018/11/7
次巻6巻
発売日情報なし
まとめ買いページ
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

異世界おもてなしご飯

乙女ゲー的な雰囲気のあるグルメ系の異世界ものです。

異世界に転移させられた2人姉妹のうち、聖女(勇者的な立ち位置)として呼び出された妹でなく巻き込まれた姉が主役です。

他の異世界ものと大きな違いとして、この姉妹の関係を活かした点が挙げられます。

ほとんど描写がありませんが、召喚した側の要望を叶えるべく妹が行動しているため、妹単体で召喚の本来の目的は果たせています。

結果として、姉は妹がお勤めを果たしている前提のため修行や戦場に出されることもなく、ご飯つくり専念できるという下地が作れています。

料理を作り、その料理で他者との関係を成り立たせる姉の柔らかな物語が楽しめます。

なお、家ごと城の敷地内に転移しているため、中世風の城と日本家屋が並んでいる状態です。

たまに市場に出かけたりしますが、基本的には日本家屋内で料理をしているシーンが多いため異世界感はお付きの異世界人ぐらいしかおらず、その点も他とは違う作品です。

『異世界おもてなしご飯』の特徴

  • のんびり料理漫画
  • 異世界なのに日本家屋内のシーンが多い
  • 乙女ゲー(女性主人公に対して多くの男性キャラクター)
  • 姉も妹もやや共依存関係

『異世界おもてなしご飯』の絵柄

少女漫画の印象を多少感じるハイレベルな絵です。

漫画家というよりはイラストレーター系の繊細な絵であり、テーマや登場人物にあった絵柄だと思います。

料理漫画ということもあり食材や料理の絵が頻出しますが、どれもちゃんと描けています。

表情も可愛らしく魅力的です。

背景もしっかり描いており、人物含めてしっかりとした絵で安心できる作品です、

『異世界おもてなしご飯』の見所

「姉」が見所です。

ストーリ上、本来求められているのは妹であるため、オマケ的な姉がどう異世界で過ごすのかというのが見所になると思います。

役割を与えられるわけでもなく日々を過ごす状況でどういう生活を送るのか?

その営みの結果どうなるのか?

世界を救う戦いの行方のような大層ものではなく、そういう状況に放り込まれた人物のそれほど波風もたたない生き方を追うのも良いものです。

『異世界おもてなしご飯』のKindle予約情報

なし。紙媒体は2巻が2018/10/4に発売されました。

『異世界おもてなしご飯』のKindle新刊既刊情報

最新巻2巻
発売日2018/10/4
次巻3巻
発売日情報なし
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

とりきっさ!

「トリビト」という人間と鳥を混ぜあわせたような種族をメインに、トリビト姉妹の「リン」と「スズ」と人間の「ヒロカズ」が関わっていくほのぼの日常系の作品です。

異世界ではなく、現実的な人間世界から隠れた場所にトリビトの集落がある世界、という感じです。そのためトリビトは人間にはほぼ知られておらず、危険を避けるためトリビト側も人間には近寄りません。

トリビトは他作品でいえば獣人なのですが、この作品では違和感がある呼び方でトリビトとしかいいようがないかもしれません。

基本的には鳥の習性や本能を持っていて、「羽手種」や「人手種」のように手が鳥か人かで分けられています。ただ、頭だけ鳥で他は人のキャラクターもいて、人の割合は様々です。

主役のトリビト姉妹は「羽手種」ですが下半身も鳥で、手を除く上半身が人間です。

この姉妹が非常に可愛らしく、ここに惹かれたなら全巻買っても損はしません。

物語の基本は、人間のヒロカズが姉妹のいる喫茶店に訪れてトリビトと交流を広げていくという流れになるため、困難あり衝突あり和解ありなど一通りに出来事を目にします。

すぐに受け入れてくれるトリビトもいればかなり暴力的に拒絶してくるトリビトもいますが、姉妹と主人公の性格のおかげで最後はある程度まるく収まりシリアス展開は避けられています。

エロや百合抜きのふわっとした日常系が好きな方には強くお勧めできます。

絵柄

デフォルメが効いていて多少クセがありますが、一貫して安定していて高レベルです。

特に姉妹の妹の方は表情がクルクルと変わるのですが、それをしっかりと描いてて充分に感情が伝わってきます。

トリビトという種族も色々と考えて作られていて人間具合が絶妙なデザインも多く、多少特殊な形態の「エナガ」と「常連さん(雀?)」も必見のデザインです。

内容にあった素晴らしい絵だと思います。

4コマあり

4コマありといいますか、4コマメインといいますか、話数によっていろいろ変わります。

4コマに抵抗があるかたは最初は気になるかもしれませんが、1冊読み終える頃には気にならなくなっているはずです。

イチオシのキャラクター

主役の姉妹も良いのですが、「トキジ」という服職人の子供のキャラクターが特に魅力的です。

登場回数は多くないのですが、出てくるたびに強く印象に残ります。

一話だけサイレント映画のような話でトキジが主役になるのですが、その話は必見です。

『とりきっさ!』のKindle予約情報

完結のため無し。

『とりきっさ!』のKindle新刊既刊情報

最新巻7巻
発売日2018/2/1
次巻完結
発売日-
まとめ買いページ
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

とんでもスキルで異世界放浪メシ

異世界ものながら世界を救わない系(?)で、主役が転移した男の主人公と雄の狼という組み合わせもめずらしく特徴的です(※今後世界を救うのかもしれませんがコミック1巻ではそういう感じはありません)。

例のごとくチートスキルですが、他の作品に比べて方向性が全く違い、なんとAmazonや楽天のようなネットショップの画面が表示され、そこから商品を購入できるという能力です。

基本的にはこの能力で調味料や食材を手に入れて、それを狼に食べさせながら旅をするという流れですが、このスキルで得たものにはある効果があり、それがいろいろと巻き込まれる原因になりそうではあります。

基本的にエロ系がないのでそこも好感が持てます。

召喚されてチート能力で的をなぎ倒しという物語ではないので、少し違った異世界ものを読みたい方にはおすすめです。

旅をしている感も結構あるので、そこも良い感じです。

絵柄

「異世界放メシ」のタイトルは伊達ではなく、食材や調理、できあがった料理の描写は秀逸で、質感の表現も素晴らしいと思います。

キャラクターの描写も適度にデフォルメが効いてますが、リアル系の良さもあります。

アクション主体の作品ではありませんが、アクションシーンの人物描写もよく、デッサンが狂っていたりもしないので、安心して高品質な絵を楽しめます。

一言でいえば「うまい」です。

適度な違和感

食材が現地調達だったりするのが異世界のグルメ漫画の特徴ではありますが、その雰囲気をぶちこわすかのように「焼き肉のタレ」などがぽんぽんと出て来ます。

調味料の存在は非常に大きいのに(中世ものでは塩の価値が高いですが、現代の調味料はその塩の比ではない莫大な価値をもっているわけですし)、あまりにも気軽かつ当然の用に使っているので、この点は違和感を感じます。

が、この気軽さが物語に軽快さを与えているようにも見えますので、良いスパイスなのではと思います。

食事の効果に加えてこういう点も今後の問題になりえるのかもしれませんが。

『とんでもスキルで異世界放浪メシ』のKindle予約情報

なし。2巻が2018/4/25に発売予されました。

『とんでもスキルで異世界放浪メシ』のKindle新刊既刊情報

最新巻2巻
発売日2018/4/25
次巻3巻
発売日情報なし
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

クミカのミカク

いわゆるグルメ系ですが、料理をするのではなく食べるほうに比重があり、主人公のクミカや作品自体の設定が少し特殊です。

コミックの中の世界では宇宙人と交流がある状態で、ごく普通に共存し、異星人同士の家族も存在するような状況です。

基本的に差別や虐待的なものはないので、その点安心して読めます(クミカの母星の環境に触れる部分では少々暗めの印象をうけると思いますが)。

食べる行為に色気を出して人気を博している漫画もありますがそういう方向ではなく、大人になって初めて『美味しい』という感覚を知って人生観が変わる(実際のところ食事が生活の中に入ってきたので日頃の行動がどんどん変化しています)喜びや驚きが表現されているのです。

エロを強調した内容ではないので、そういったものが苦手な方にもお勧めできます。

魅力的な主人公のクミカ

肝心のクミカですが、空気中から栄養を摂取できるために料理を食べない種族という設定です。

一巻で料理の味を知り、食事することへの興味が生まれます。結果いろいろな味を求め始めますが、その反応が非常に魅力的です。

クミカには触手が2本ついていて、それを手のように使い仕事をこなしますが、感情によってさらに変化があり、そこがクミカの感情表現をさらに豊かにしています。

表情やセリフの他にも多彩な方法で感情表現が描かれていて、それがとても良い感じなのです。

その他の宇宙人

地球人ももちろんいますが、クミカ以外の宇宙人もいます。

どう見てもリドリー・スコット監督のエイリアンをモチーフにしているような宇宙人(口がガバッと開いて、猫のように踵が長い足)ながら、おしゃれ好きで料理もできる女子力の高い「エイリア」。

体がほぼ水分で出来ていてクラゲっぽい傘がトレードマークで、クミカのお隣(たまに家に侵入してきます)の「メロウ」。

小柄で可愛らしい容姿で発言も含めて愛されキャラながら、彼氏持ちで車や小物(サングラス)の趣味がなかなかアレという「エピー」。

他にもいますが、どのキャラクターも魅力的です。

ちなみメインキャラクターはデザイン会社に勤めているので、作中にでてくるリテイクや修羅場の状況を身近に感じる方も多いかもしれません。

『クミカのミカク』のKindle予約情報

なし。6巻が発売されました。

『クミカのミカク』のKindle新刊既刊情報

最新巻6巻
発売日2018/9/?
次巻完結
発売日-
まとめ買いページ
巻別ページ