カテゴリー
コミック紹介

科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌

異世界転移ものですが、アラクネやハーピーなどの空想の生物に対して科学的な考証をしている点が他とは違う作品です。魔法はないようです。

クリエイターの中にはモンスターやアニメのキャラクターの骨格を作る人もいますが、この作品では骨格ではなく生物学的な面で習性なども含めた検討が行われています(筆者は生物学にくわしくないので内容の正確性はわかりかねますが)。

ただもう1つ大きな特徴がありまして、主人公が「クリーチャー娘のハーレムを作る!」と公言しており、実際に毎回セックスシーンが描かれる点です。

相手は空想上の女性というか雌というかそういうものなので、容姿や年齢などに制限がないも同然で結構危ないラインのキャラクターのシーンもあります。

一応行為の度にそれっぽい考察は入りますが、ストレート過ぎるぐらいにストレートで、この部分が好きか嫌いかが全てでしょう。

なお、現代の技術を伝えるという側面もありますがファンタジー世界の技術自体も踏まえられているため、知識や技術があれば何でもできるという展開ではありません。

そういった点では異世界という世界そのものをテーマにしたスケールが大きめの話ではあります。

『科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌』の特徴

  • モンスターとのセックス
  • 空想上の生物の生物学や民族額的な考察
  • 現代の技術を異世界で適用
  • ハーレム

『科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌』の絵柄

既にいくつかシリーズを刊行している方なので全体的に安定しています。

背景が重いというか硬質で、植物や地面等の自然な柔らかさは苦手なのかもしれません。

キャラクターは独特で、絵柄的にはロリ系ですが目が小さめなのが特徴です。

この作品のテーマ的に動物や昆虫など人間外の部位が多く出て来ますが、そちらの描写は一貫性が強くブレがなく知識による裏付けを感じます。

昆虫やは虫類などが苦手な方にはあまりお勧めできません。結構生々しいので。

『科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌』の見所

「クリーチャー娘」が見所です。

娘といっても種族全体ということではありますが。

良くも悪くもクリーチャー娘を描くことに注力していて、そこが気に入るかどうかは大きな分かれ目です。

『科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌』のKindle予約情報

3巻が2018/11/20に発売されました。

『科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌』のKindle新刊既刊情報

最新巻3巻
発売日2018/11/20
次巻4巻
発売日
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する

異世界ものですが、転移でも転生でもなく異世界に続く道が存在してそこを行き来するという作品です。

メインは内政で、メインは農業ですが水車を使った水力の利用などのインフラ整備もという感じです。

特殊なスキルをもっているわけではなく(異世界では現実世界の物品の効果が激増するというのはありますが)、単に40億という金の力にモノを居合わせた、ある意味力技オンリーという異色な内容です。

主人公の思考が全体的に緩いというか抜けているというか、見ていて呆れることが多々あります。

中世レベルの世界に現実世界の技術や製品を持ち込んでおり、世界のルールというか全てを壊しかねないことをどんどん行います。

一応、異世界の人達に知られないようにと配慮する場面はありますが配慮が足りていないように見えて、これが演出なのかそうでないのかも分からない印象でした。

今後この点が何らかの火種になるとは思いますが、それにしても脇を甘く描き過ぎではと思ってしまいます。

対して異世界側の人間には複数のパターンが存在しており、優れた品物や技術を持つ部外者をどう扱うかという視点では複雑な模様を呈します。

恩人だと前面的な信頼を寄せる者。
明らかに重要人物なので取り入ろうとする者。
内心では疑いを向けつつもとりあえず疑念を抑える者。

主人公という異物を投げ込まれた周囲の人間の反応を描くと言う点では、主人公の単純さはよい条件なのかもしれません。

絵柄

表紙の線は細いですが、中身ではしっかりとした線で描かれているため見やすい絵で読み進められます。

どちらかと言えば可愛らしい方向で、女性だけでなく男性も柔らかい印象です。

物語の都合上、漫画のコマの中に説明図が度々登場しますが、美味くデフォルメしてまとまっていて、作者の力量が伺えます。

反面シリアスな場面があまりシリアスに見えないので、そういうシーンでは違和感を感じやすいかもしれません。

別原作か、オリジナルの作品を見てみたい絵だと思います。

亜人なし

異世界ものでは珍しく、3巻までの時点では亜人はまったくでてきません。

亜人が見たいという人には進められませんが、「異世界=亜人」という構図ではないものが読みたい方には良いでしょう。

発電設備の買い方

本当なのかどうかわかりませんが、作中で水力などの発電設備を購入しようとするシーンがでてきて、『〇〇だからこれは買えないが、△△なら買える』というような事柄も説明されています。

無駄知識ともいえますが「何もない環境化で現実世界の機器をどのように使えるのか?」というテーマは、現実世界と行き来できるという特徴を活かした内容だと思います。

『宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する』のKindle予約情報

なし。4巻が2018/9/22に発売されました。

『宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する』のKindle新刊既刊情報

最新巻4巻
発売日2018/9/22
次巻5巻
発売日情報なし
まとめ買いページ
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

現実主義勇者の王国再建記

異世界ものの中でも内政に力をいれている作品です。

主人公のソーマは人間的にできすぎている(冷静/合理的/胆力/知性/判断力/行動力/情がある)ため資質ですでにチート感があり、よくある転生後の能力は「物に自分の意識をコピーして操る」という「アイテム操作(+並列思考?)」というチート能力持ちです。

ただ、1巻ではアイテム操作の能力は状況に説得力を持たせる(膨大な書類を短時間で片付けるための理由付け)に用いられた程度で、ソーマ個人の資質で状況を大きく変えていく、という感じのようです。

元の世界の知識を異世界で使うという構図はありがちですが、他の作品に比べると物語に占めるウェイトが大きいため、この作品の特徴になり得ています。

また、作者があとがきで書いているように「物語を丁寧に描く」という方向性のため、駆け足で「〇〇を実行して即成果がでる」ということはなく、短いながらも状況説明や過程の描写が挟まれる点に好感がもてました。

少し違った異世界もので、最初から国単位で変革を起す物語に興味があればお勧めできます。

絵がうまい

商業で出版されているのになにをいまさらという話ですが、絵がうまいです。

おかしなポーズや絵の崩れもありませんし、背景がスカスカだったり妙な擬音語や語尾が乱発されていたりということもなく、安心して読めます。
内政というテーマと相まって、腰を据えて読めるコミックだと思います。

また、個人的には女性の露出が少ないのも良いです。
なんとかして下着を見せて、その下着にこれでもかとシワを書いて局部を強調するようなこともありませんでした。

一応色気担当のようなキャラクターはいますが、見た目がそうなだけで気になるレベルの描写はかなったと思います。

基本的には人材の登用

主人公の出番は多いですが、「主人公以外の人間が命令を実行して動いている」という状況が描写がされています。

多くの人間が状況に関与していることが示されててい、物語世界がしっかりと演出されていると感じました。

また、「何か新しいことを実行する」となった場合は新たな(あるいは既存の)人材とセットで進行していくことになり、結果的に人材登用が重視される物語と言えます。

今の所はですが「山に隠遁している賢者」のような特殊な人材ではなく、市井や山野に埋もれた人材が対象なのでその意味でも好感が持てますし、新たな人材が増えていくこと自体に面白さも感じます。

『現実主義勇者の王国再建記』のKindle予約情報

2巻が8/25に発売されました。

『現実主義勇者の王国再建記』のKindle新刊既刊情報

最新巻2巻
発売日2018/8/25
次巻3巻
発売日情報なし
巻別ページ