カテゴリー
コミック紹介

星界の紋章

原作は小説で銀河英雄伝説と同様にスペースオペラの名作であり相当古いのですが、この作品は2013年から開始されたコミカライズです。

テーマはボーイミーツガールといえるかもしれませんが。

絵柄は今時のものであり質も高いので、原作がいつのものであれ古さは感じないでしょう。

SFの宿命ともいえますが設定が非常に複雑であり、それを説明するために文章がかなりの比重をしめており、しかも読み飛ばすとわからなくなるので気が抜けません。

原作が小説のため物語世界が人物含め綿密に設計されているためちゃんとしたSFマンガを読みたい方におすすです。

『星界の紋章』の特徴

  • 架空でありながら重厚な設定を持つ世界
  • 宇宙空間での生活
  • 宇宙での単艦戦や艦隊戦
  • 壮大なスペースオペラ
  • 貴族の少女と元平民の少年

『星界の紋章』の絵柄

非常に上手い絵を描いています。
繊細な部分だけでなく大胆な部分もあり、全編見応えがある絵といえます。

主役の1人であるアーヴ貴族の少女「ラフィール」をはじめ、女性は美しさを基本に可愛らしさが表現されていますし、男性も年齢に応じた顔の表現しっかりしています。

反面、宇宙での艦隊戦や戦闘描写がかなり分かりづらくなってしまっています。

どちらがどちらなのか分かりにくく、砲撃の着弾の表現なのか戦艦の動作表現なのかも分からず、絵解きのようなことをしなければなりません。

艦艇同士の戦闘以外は問題ないのですが、戦闘含めての物語なのでこの点はマイナス要因です。

『星界の紋章』の見所

「スペースオペラ」が見所です。

壮大な物語で宇宙が舞台という漫画は少ないので、貴重な作品といえます。

単に宇宙が舞台の作品ではなく、宇宙に住む人々やその文明などが物語の場面毎の時点で切り取られたかのように描かれるため、大きな歴史の一部を垣間見ているように感じられます。

こういった宇宙を舞台にした大きな物語性はスペースオペラの醍醐味ではないでしょうか。

『星界の紋章』のKindle予約情報

6巻が2018/12/12に発売されました。

『星界の紋章』のKindle新刊既刊情報

最新巻6巻
発売日2018/12/12
次巻7巻
発売日情報なし
まとめ買いページ
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

マルドゥック・スクランブル

小説家の冲方丁さんの同名作品を原作にして、「聲の形」や「不滅のあなたへ」の大今良時さんがコミカライズしたSFの名作です。

瀕死の怪我を追った状態から回復し、記憶を取り戻すことで自分を殺そうとした犯人を追いつめるというのがメインストーリーです。

主役の少女「バロット」と主にネズミの姿を模した万能兵器「ウフコック」の触れ合いや関係の深化も同時に進行するため、二人の成長の物語でもあります。

SFらしく管理社会や極端な階層社会、歪な生態改造などの要素がふんだんに盛り込まれていて、この漫画では小説の場面がしっかりと絵に書き起されています。

少女と機械の触れ合いにアクションやサスペンスを加えた物語がお好みの方にはおすすめです。

『マルドゥック・スクランブル』の特徴

  • か弱い少女の成長(精神的にも肉体的にも戦闘技術的にも)
  • 少女と機械(ウフコック)の触れ合い
  • 記憶の再生や保存
  • 異形に近づく人間

『マルドゥック・スクランブル』の絵柄

大今さんの初期の絵なのでやや単調といいますか抜けが多く白い絵の印象ですが、充分に上手い絵を見ることができます。

女性はどちらかと言えば可愛らしいですが、下から見上げるアングルなどが上手く様々な表情を描き分けています。

輪郭だけを強調する描き方も散見され、イラスト的な絵を楽しむこともできます。

『マルドゥック・スクランブル』の見所

「バロットとウフコックの関係」が見所です。

といっても初期からそれほど動かない印象ではありますが。

まるで依存するように信頼を寄せるバロットに対し、大人な距離の取り方をするウフコックですが、この歯切れの悪い関係はそれぞれ傷を持っているからでもあります。

物語の進行とともにどのようにこの関係の中身が変わるのでしょうか。

『マルドゥック・スクランブル』のKindle予約情報

完結のためなし。

『マルドゥック・スクランブル』のKindle新刊既刊情報

最新巻7巻
発売日2012/6/8
次巻完結
発売日-
まとめ買いページ
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

プラネテス

SF漫画の代表的な作品の1つです。

宇宙のゴミである「デブリ」を改修する主人公ハチの成長を基本にして、宇宙での人々の営みをちりばめた大きな視点を背景に展開していきます。

船外活動員(=宇宙飛行士の一種で宇宙服を来て宇宙空間で作業を行うスペシャリスト)のスポットを当てているため、宇宙ものが好きな方におすすめできます。

また、後半は自己との対話という部分が強くなり、過去の自分の弱さとの対峙という物語のスケールからすれば非常にミクロな部分から、その克服にいたる過程で一気にマクロな宇宙までスケールが飛躍するという素晴らしい展開を見せ、「人間とは」というテーマに興味がある方にもお勧めできます。

高品質なアニメ化もされていますが、アニメのラストの先があり、それは漫画でしか読めません。アニメを見た方もぜひ原作であるこの漫画を見てください。

『プラネテス』の特徴

  • 宇宙空間での船外作業や宇宙遊泳
  • 宇宙空間での生活(宇宙船や月面など)
  • 宇宙船の細かな描写
  • デブリに代表される社会問題
  • 主人公の成長

『プラネテス』の絵柄

ごく初期の作品のため稚拙な部分(あくまでその後の同じ作者の作品との比較でという話です)もありますが、読めば気にならないレベルです。

1コマ内の描写の密度が素晴らしく、技術もさることながら執念のようなものを感じることもあります。

今時の可愛らしい絵やカッコいい絵ではなく、より手書き感が強いといいますか、泥臭いながらも魅力的な絵柄です。

『プラネテス』の見所

「宇宙空間での営み」が見所です。

人類が宇宙に出つつもいまだ恒星間航行は難しいという時代設定で、現在の地上の生活を宇宙にそのまま当て込んだような、身近なリアルさを見ることができます。

『プラネテス』のKindle予約情報

完結のためなし。

『プラネテス』のKindle新刊既刊情報

最新巻4巻
発売日2004/2/23
次巻完結
発売日-
まとめ買いページ
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

邪神ちゃんドロップキック

メインキャラクターが女性のみのギャク漫画ですが、1人を除いて全員が人間ではなく悪魔という設定です。

人間の「ゆりね」と悪魔の「邪神ちゃん」を中心に、他の悪魔や人間がからんでくる形です。

タイトルからなんとなく感じ取れるかもしれませんが、キャラクターの造形が可愛いのに反してネタ自体やオチをバイオレンス系に持っていくことが多く、ダメな人はダメかもしれません。

しかしそこが魅力でもあるので、大丈夫な方はハマると思います。

邪神ちゃんの目的が「自分を召喚したゆりねを殺して魔界にかえりたい」なため常日頃から色々や手段を講じており、結果として返り討ちに合って毎回バイオレンスな目に合わされます。

この作品のルールとして人間のゆりねは悪魔に対して異様に強く、精神的どころか肉体的に悪魔の邪神ちゃんを刻んだりします。

比喩ではなく、主に尻尾(邪神ちゃんは下半身が蛇なのでその部分)を輪切りにされます。

そのため楽しみ方としては、「今回は邪神ちゃんがどう料理されるのか?」というのが基本になります。

もちろんそれだけではなく、邪神ちゃんの真っ当な面にスポットライトが当たったり、サブキャラクターがメインの話でしんみり来るものがあったり、悪びれもなく幼女(悪魔の女の子ですが)誘拐をしながらも最終的にうやむやにする女性警官の話もあったりとバラエティに富んでいて、マンネリ感はあまり感じないはずです。

なお、キャラクターや描写や展開されるネタがかなりギリギリ(グロとか倫理的な意味で)なのですが、ちゃんと日常系ですし日常系に見えます。

不思議ですが日常系としか言い様ありません…。

絵柄

線が独特ですが、基本的に独自の絵柄で一貫していて安定しています。

顔の輪郭や目などがある種の記号的なステレオタイプで作られていて、そこだけみると古めの絵柄に見えるかもしれません。

実際にはそれも味として楽しめるレベルに絵が上手いためマイナスにはならないでしょう。

ギャク漫画なのでツッコミ時にはかなり激しい表現もあり、絵の緩急も大きく刺激の多い作品です。

『邪神ちゃんドロップキック』のKindle予約情報

11巻が2018/8/7に発売されました。

『邪神ちゃんドロップキック』のKindle新刊既刊情報

最新巻11巻
発売日2018/8/7
次巻12巻
発売日情報なし
まとめ買いページ
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

転生したらスライムだった件

異世界ものに限らす幅広くみても、絵柄も内容も素晴らしい作品です。

転生先としてゴブリンにも劣る最弱モンスターのスライムを選びつつ、その特性を活かして生きて行く姿を描くサクセスストーリ。という感じでしょうか。

とはいえ、補職した相手の力を得るという能力のために冒頭の伝説級のキャラクターを補食した時点で相当に強くなってしまい、少しづつ強くなっていくような成長ものとは少し違います。

基本的にモンスターや亜人(ドワーフ)が登場し、人間はあまり出て来ません。話が進めば対人間の物語も描かれるでしょうが、とりあえずは人外中心です。

仲間といいますか賛同者を増やしていくのですが、その過程で「名付け」を行いそのキャラクターのレベルがあがります。
こういう場合のお約束的に、レベルが上がると人間の姿に近くなり、人外感はやや薄れます。

物語全体では、モンスター中心の国づくり的なものがあるようで内政系といえ、魔法などがあるので微妙ですが多種族との戦争や外交も描かれています。

盛りだくさんなので一つ一つの印象は弱いのですが、絵の美味さもありキャラクター中心で読むととても楽しめる作品です。

絵柄

個人的に好きな川上泰樹さんが絵を担当しているので、文句なしで良い絵です。

線が単調ではなくややザラついており、絵物語といいますか、非常に雰囲気のある絵柄です。

デッサンの崩れもありませんし、アクションシーンの動きなども必見の絵です。

キャラクターの造形としては美男美女がやや面長になる傾向を感じますが、そこまで気になる程ではなく川上さんの特徴的な絵柄という認識でよいと思います。

肝心のモンスターなどのクリーチャーデザインも秀逸で、あまりかっこ良くないはずの豚モチーフのオークですら魅力的です。

他にも「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン」や「まおゆう魔王勇者 外伝 まどろみの女魔法使い」などを書かれているのでコミカライズの経験も豊富で腕も一流です。

亜人の種類

今のところスライムは主人公だけですが、以下のような亜人やモンスターが出て来ます。

  • ゴブリン(美形/マッチョ/おちゃらけ)
  • ドワーフ(ひげ面職人)
  • ドライアド(甘いモノ好きの美人)
  • エルフ
  • 狼(主にベッタリの獣)
  • 昆虫(蜂とかクワガタ的なのとか)
  • 鬼(オーガだが日本風)
  • オーク(豚)
  • リザードマン(水かきあり)

種族ではなく恐ろしく強くなった固体として「魔王」も存在しています。

精霊もいますが、特定のエピソードに絡んでいるだけで存在感はありません。

初期はゴブリンのみで役職付きになったりするのですが、種族が増えると極たまにしか登場の機会がありません。一部はメイン並に登場はしますが、仕方が無いとはいえ残念です。

少ししか出番がありませんが、まんま昆虫のモンスターが傘下に加わるのは興味深い所です。

中2的な表現

コミックではなく原作の要因なのですが、「飢餓者」と書いて「ウエルモノ」とルビをうつ場面があり、こういう点が個人的には中2感が強くてだめでした。

キャラクターの戦闘服にスーツ的なのがあるのも同様に中2感があり、他の要素から浮いている印象です。

気にならない人がほとんどでしょうし、気になってもある程度慣れるので無視できるでしょうから、問題にはならないと思いますが。

『転生したらスライムだった件』のKindle予約情報

10巻が2018/12/7に発売されました。

『転生したらスライムだった件』のKindle新刊既刊情報

最新巻10巻
発売日2018/12/7
次巻11巻
発売日情報なし
まとめ買いページ
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

ゴブリンスレイヤー

ファンタジーの中ではかなりの良作です。

ゴブリンをメインで扱う作品は増えていますが、敵方としてここまでこだわっているのはゴブリンスレイヤーぐらいでしょう。

ゴブリンを単なる雑魚ではなはなく生き物として捉えていて、その行動や思考までしっかりと考えられています。

それだけに、ゴブリンならやるであろう様々なことが描かれています。

例えば、女性を捕まえてレイプし続け子を生ませようとする場面が何度もでてきます。

作中では女性の小便の臭いを好むという説明もあり、ゴブリンがどういう生態なのかが自然と理解できるでしょう。

主人公は中肉中背ながらゴブリン退治に特化した技能をもち、基本的にはソロで巣穴の攻略(=巣穴の中のゴブリンを皆殺し)可能な人物です。

この主人公に女プリーストがメインで加わり、そこからサブレギュラー的なキャラクターが加わってと、ソロからパーティーになっていくようです。

設定もキャラクターも物語も他の作品より一段上で、買っても損をしない作品です。

絵柄

キャラクターの顔の描写に多少の古さを感じますが、すぐに気にならなくなります。

なぜならキャラクターの装備の緻密さ、背景の描写、アクション、なによりゴブリンの表現が素晴らしく、1コマの完成度に目を奪われるためです。

それだけに没入感も凄まじく、集中して全冊読んでしまう程です。

魔法

ゴブリンスレイヤーの世界には魔法や神の奇跡が存在しますが、基本的には剣の時代という感じです。

なぜなら、魔法の回数制限がかなり厳しいようで、初心者は2,3回魔法を放てば打ち止めという状態だからです。

対ゴブリンに関して言えば、相手は数で押し込んでくるのですから、よほど効果的につかわなければすぐに魔法使いや僧侶は押し潰されてしまいます。

実際、魔法使いが数で簡単に押されて潰され、レイプの後に殺されるという場面が冒頭にあります。

ファンタジー作品ですが、その世界で実際に起こりうる状況が描かれており、それがリアリティーの強化に繋がっているのでしょう。

『ゴブリンスレイヤー』のKindle予約情報

6巻が2018/12/13に発売されました。

『ゴブリンスレイヤー』のKindle新刊既刊情報

最新巻6巻
発売日2018/12/13
次巻7巻
発売日情報なし
巻別ページ
カテゴリー
コミック紹介

盾の勇者の成り上がり

異世界ものの中でも私が特に絵と話が好きなのが「盾の勇者の成り上がり」です。

他の異世界ものでもいくつかありますが、召還直後の扱いが相当に酷い部類にはると思います。レイプ疑惑というのはあまり見ないのではないでしょうか?

多くの人間からさらなるいわれのない迫害を受け続けますが、そこからの逆転劇なテーマとなっています。

物語が進むと理解者も増え問題もある程度解決しますが、迫害を行った側が改心する場面があまりないのが興味深いです。

物語が進んでもこれらの多くは態度を変えないか、表面だけ軟化して本質は変わらないように見えるためです。

よって、主人公に敵対するのはモンスターや天変地異だけではなく、むしろ権力や宗教や蔑視の目が常に問題になっています。

この作品においては「主人公にとっての悪役はずっと悪役のまま存在する」というのが重要なのかもしれません。「その時」がきた際にカタルシスが高まるのでしょう。

獣人(亜人)

獣耳や尻尾付き程度ではなく、獣面やほぼ体毛まで獣になっているなど、登場する獣人の獣度合いは様々です。

面白いのは、ヒロインであるラフタリアは猫や犬ではなく狸っぽい獣人という点です(耳と尻尾からの判断ですが)。

ラフタリアの成長は物語でも重要な位置を締めていますが、初期であれば庇護欲を刺激されますし、徐々に母性愛的なものを感じさせるなど、巻を追う毎にどのように変わるのかが楽しみになります。

本来は完全に鳥姿のフィーロも含め、獣人が魅力的ですね。

物語上、召還された国では獣人が相当な迫害を受けていますので、1巻を読んだ方はぜひ読み進めてトラウマ開放(緩和程度かもしれませんが)のカタルシスを得るところまでは見てほしいなと思います。

デフォルメの目が可愛い

シリアスではなくギャグパート的な部分で描かれるラフタリアやフィーロの目が特に可愛いなと思います。

デフォルメが効いているシンプルな描き方なのに、生き生きとして毎回魅入ってしまいます。

スピンオフ

スピンオフで「槍の勇者のやり直し」が展開されていますが…。

あのアホの物語はさすがに読む気になれないので読んでいません。

ただ、これは本編での槍の勇者に印象が変わってしまうのが困ると感じているからではとも思えまして、いつか読むかもしれませんが。

『盾の勇者の成り上がり』のKindle予約情報

12巻が2018/12/21に発売されます。

『盾の勇者の成り上がり』のKindle新刊既刊情報

最新巻12巻
発売日2018/12/21
次巻13巻
発売日情報なし
まとめ買いページ
巻別ページ